« 入浴剤 | トップページ | 絶滅危惧種なんだおって、、、 »

大学は変われるのか(日経新聞より)

この2,3日は四十肩が痛みがぶり返し、夜中にお風呂に入って少しだけ楽になり、、、でも、本質的な痛みは変わってなくて、涙涙の毎日。整体にも通っているのですが、好転しない。どなたでも良いです、 Please Help ME!

さて。

日経新聞に、「大学は変われるのか」というシリーズが掲載されています。少子化時代、生き残り(学校としての存続)をかけての色々な活動や現状が報告されていますが、日経の主張としては「大学は変わらなくてはならない」というのが根底にあるように思います。

皆様はどうかんがえますか? 製造業の金言で「良いものが売れるのではなく、売れるものが良いものだ」というのがありますが、この言で解釈するなら、学生が来る大学が良い大学なわけで、そのために、所謂マーケティングリサーチして学校を変え、、、、という事になるでしょう。

でも、本当にそれでよいのでしょうか? 無風凧は 否 と答えます。

たとえば。就職率が高いことをウリにする大学があります。就職率は確かに高い方が良いとは思いますが、就職率をあげるために、大学生の本分である教育や研究、教養をわすれて、自己紹介の仕方がエントリーシートの書き方を指導するのは如何なものでしょう? こういう方向に変わっていくのなら、はっきりと「大学=就職予備校」となってしまいます。

先進国の中で、日本はまだまだ大学への進学率が低い方だそうです。ほかの先進国並みの大学進学率を確保しようとすると、相当学力の低い学生まで大学に進学することになり、大学の質はさがるのです。これって、大学の存在意義にも関係する難しい問題です。

少し論点がぼけてきたので今日はkのあたりで。

|

« 入浴剤 | トップページ | 絶滅危惧種なんだおって、、、 »

オピニオン」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 入浴剤 | トップページ | 絶滅危惧種なんだおって、、、 »