« コイバナ | トップページ | やっと静かになったな。 »

「人間」の英訳

「人間」を英訳しなさい、という設問に、あなたならどう回答するだろうか? この設問があるからには、humanでは無いだろう、という事は感じて戴けるとは思うが。

今日、山本七平と長富祐一郎の対談に、「人間」の訳語が無い、という下りを読み、それからずっと考えている。単語というよりは英語で如何に説明するか、というべきだろうか。何が難しいと言っても、人と人間の違いがまず理解されなくてはならない。

勿論、人間=humanで説明できる場合が相当ある。たとえば、人とhumanが同義である場合だとしよう。つまり、人=humanが完全に一致しているとして、さあ、人間と人はどう違う?間という字が入っているから、人と人の繋がりを表せばよい、という訳でも無い。この場合は「人間関係」と言う熟語との違いも理解する必要が出てくる。人関係、という単語は一般的には存在しない。 しかし、我々日本人は、明らかに人と人間を使い分けるべき場面が有り、そして無意識のうちに正しく使っている。

それでは、英語で話をする時に、人と人間を区別して話している人はどの位いるのだろうか?皆無と言って良いのではないだろうか?だとすれば、英語を用いて、人関係(human relation)は結べても、良好な人間関係は結べないような気がする。

昨今流行の英語標準語化には、このような問題が内包されている。小さなことかもしれないが、このような細かな拘り、を大切にしていきたいと思う。

|

« コイバナ | トップページ | やっと静かになったな。 »

オピニオン」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« コイバナ | トップページ | やっと静かになったな。 »