« 少し早いかも? | トップページ | しかし、不思議だ。 »

ランキングについて考える(45)

最近、「ランキングについて考える」のペースが落ちています。というのは、「書きたいことはほぼ書き尽くしたな」という気がしているから。ランキング人仮説は「経済人仮説」と同等に人間の行動原理を説明できていると思っています(自画自賛)。

このシリーズでも何度も出てきた「AKB48」の総選挙。今年も総選挙の時期です。今年は、「立候補しない」人が目立ちますが、これは「ランキングが下がるのは嫌だ」という心理が根底にあると考えます。

このように「ランクダウンはしたくない」という心理は誰にでもあるものだと思います。

さて。AKB48の総選挙で「辞退」を認めることは、実は総選挙自体の商業価値を下げてしまいます。というのは。

例えば、昨年1位になったAさんが今年出なかったとする。今年、Bさんが1位になったとしても、「それがAさんが出なかったから」という コモンセンス が成立することになり、、、そうすると、来年は「出たい」と思う人も減ってしまう、という連鎖になります。つまり、ランクアップすることのMotivationが下がり、結果として AKB総選挙 事態の商業価値が下がってしまうのです。

ということで。
辞退を認めている総選挙は、「辞退」を認めている限り、3年後には廃止されるであろう、、、と予測しています。

|

« 少し早いかも? | トップページ | しかし、不思議だ。 »

ランキングについて考える」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 少し早いかも? | トップページ | しかし、不思議だ。 »