« こんな遅くに、、、、 | トップページ | う~ん、、、あいたた! »

ランキングについて考える(31)

先回、RR=Rhetoric Ranking なる新しい種類のランキングを紹介しました(コチラ 参照)。今回は、RRをもうすこし詳しく説明します。

Rhetoric=レトリック=修辞学。つまり、人を説得したり、自論を補強したりするために使われるランキング、と言う意味です。

例えば、「今までで一番おいしいケーキ」 という表現をしたとしましょう。この「今までで一番」の部分は、 単に「おいしいケーキ」を補強するために、使われているに過ぎません。一番のかわりに「この世のものとは思えないほどおいしいケーキ」と言っても、ほぼ同じ意味を伝えることができます。その意味では ランキング=序数を使うことには、殆ど意味が無いのです。

ただ、修辞学法として、「今までで一番」はよく使います。なぜでしょうか。序数を使うことで、その背景に PR=Primitive Rankingが存在していることを、暗黙のうちに認識させたることが出来るからでしょう。例えば、「史上一番早いランナー」と言えば、所要時間で最も短い人という形で表すことができますよね? それと相似な関係を前提とすることが、行われるからです。

その意味において。RRが史上最初に出てきたのはいつか、と言うことには大変興味があります(要調査)。きっと、ランキングが市民権を得てからのことであり、また、ランキングが暗黙のうちに PRに基くことが、人の頭の中に刷り込まれてからのことだろうと予想します。

前回の繰り返しになりますが、修辞学的なランキングですから、PRの存在は必要ありません。「ランキングと言うからにはPRが存在する」という*共通認識*のみがあれば良いのです。

「ランキングについて考える」の第一回以降、「PRの無いランキングは存在するか?」という問いを投げ続けてきましたが、此処に来てやっと、RRという「PRが存在しないランキングの存在」が証明されたと思っています。

# 学問的にも大発見では無いでしょうか?

|

« こんな遅くに、、、、 | トップページ | う~ん、、、あいたた! »

ランキングについて考える」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« こんな遅くに、、、、 | トップページ | う~ん、、、あいたた! »