« イの中の蛙 | トップページ | 一緒に探そうか、、、 »

ランキングについて考える(7)

今回は簡単な思考実験。

あるケーキ屋が

「この町で一番行列ができるケーキ屋さん」

と、ランキングの結果として新聞やネットで紹介されたとしましょう。皆さんはこのお店の行列が、このあとどうなると思いますか? 一緒に考えてみましょう。

近隣でケーキを買いたいと思う方が、ネットで検索などして、

(1)行列ができる

(2)美味しいと信じる

(3)自分も並ぶ

という行動をとることが 容易に想像されます。ここで(1)と(3)を見比べてみてください。「自分も並ぶ」という行為は「行列ができる」という現象と 同じ ということことに気が付きます。そうです。ランキング上記は、より 幅が拡がるように 作用するのです。

この特性の事を、ここでは

ランキングの自己成長特性

と呼ぶ事にします。(もしかしたら、言い方を変えるかもしれません)。ただ、ちょっと気をつけてほしいのは、ここで言うランキングは SR(社会的ランキング)であるということです。少し唐突感があるかと思いますが、ここまでの記事を読んで、ゆっくり考えて下さい。

さて。思考実験を続けましょう。

このケーキ屋は、近隣はおろか、わざわざ買いにきて行列に並ぶほど、有名になりました。すると。

(1) ランキングが長い

(2) 美味しいだろうと信じて食べる。

(3) 味を評価する

→(4-1) 美味しくてまた並ぶ
→(4-2) 期待外れだと思い、並ばない

ここで、(4-1)は、前述した ランキングの自己成長性 です。ただし、自分の味覚と言う評価が入っています。その意味では、PR(原始ランキング)に近付きます。
(4-2)は、ランキングのオーバーシュート ということができます。1番行列ができるという事実は間違いがないとしても、「ある人が期待する一番には到達してない」ということです。この現象をここでは、オーバーシュートと呼びます。

これは、SRは、ランキングの順位だけを表していて、絶対的な順位(PRと言っても良い)を表していないこと、そしてその根本には、「SRは統計の結果であり、個別(個人)の現象には対応してない」ことがあります。

ランキングのオーバーシュートがおきると。

  期待以下であったという マイナスのイメージ

がそのお店に付け加わることになります。つまり、

  一般的には美味しいと思われているのにマイナスの評価 がなされる

ことになります。なんとなく、、、不思議ですね。

次回は、ランキングのオーバーシュートについて、もう少し詳しく見て行きましょう。

|

« イの中の蛙 | トップページ | 一緒に探そうか、、、 »

ランキングについて考える」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« イの中の蛙 | トップページ | 一緒に探そうか、、、 »