« 健康診断、、、 | トップページ | みんなとお散歩しているとき(コネタマ参加中!) »

ハンバーグと数学の素敵な関係

ブログネタ: 大好きなハンバーグはどれ?参加数

ハンバーグ。無風凧としては、世の中の食べ物の中で 最も数学的な食べ物 だと思っている。なぜ数学的か。

ハンバーグは、まずひき肉や野菜を小さく刻む。そして、パン粉で練って固める。この野菜を小さく刻む、という作業は 数学にける 微分 という操作に似ている。 そして、パン粉で固める作業は、言うまでもなく、 積分 に思えるのだ。

この ハンバーグ=微分・積分説 は、実は無風凧のオリジナルでは無い。小学校の時だっただろうか、遠山啓先生の本か、矢野健太郎先生の本か何かで読んだ記憶があるのだが、、、何で読んだのかは思い出せない。

いずれにせよ、微分・積分は ハンバーグだ! と思うと、数学嫌いの方も、ちょっと親近感を覚え、「食べてみたくなる=勉強したくなる」 のではないだろうか。え?数学嫌いだからハンバーグも嫌いになりそうだ、だって?それは大変だ、、、、

最近は 油断ダイエット(脂質を断つというダイエット法) をしているので、ハンバーグを食べることはほとんどないのだけど、ハンバーグを見ると、「微分」「積分」を思い出して、数学家志望だった頃を懐かしく思い出す。

そうそう。
一番おいしいハンバーグは、小学校の頃に家で作って貰ったハンバーグ、である。最近は実家では作ることがなくなり、もう○○年ほど、食べてないような気がする。

|

« 健康診断、、、 | トップページ | みんなとお散歩しているとき(コネタマ参加中!) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ハンバーグと数学の素敵な関係:

« 健康診断、、、 | トップページ | みんなとお散歩しているとき(コネタマ参加中!) »