« 僕の仲間(コネタマ参加中!) | トップページ | 一億円の価値(東北大震災の経済) »

放射能汚染

20110321_2昨日とおなじわんこ:
最近、福島原発の放射能問題で持ちきりのようだね。報道によると「濡れた雨具は家の中に持ち込まないでください」ということなのだそうだね、、、でもね。僕たちは、常に一張羅、なんだ。外にいるから濡れちゃうんだけど、どうすればいいんだい?

写真出典 匿名希望様ご投稿
昨日と同じ方からお送りいただいたものです。ありがとうございます。昨日の写真(コチラ参照)とほとんど同じに見えますが、別の写真です。
外に暮らすペットたちにとって、黒い雨(放射能に汚染された雨)問題は、ある意味では人間以上に深刻かもしれません。どうすればよいのでしょうか?福島県のある地域では、水道水は飲まないように勧告がでたと、の情報が入ってきましうた。
また、日本においては報道は「放射能の線量は健康に影響ありません」と繰り返していますが、例えば、海外ではこういう感じです(こちら参照)。どちらが正しい、とは一概には言えないでしょうけど、国民の不安をあおる結果になっていると思います。
加えて、判りやすさの為に捨象した情報が、帰って判りにくくなっている例もあります。例えば最近着た中では、
「濡れた雨具は、放射性物質を屋内に持ち込まないようにするために、家の外に置いてください」、、、①
「濡れた雨具を再度使うことには問題ありません」、、、②
というのがありました。一見なんでもないように見えますが、①は、雨具には放射性物資が付着している、という前提に立っています。所が、②ではその「放射性物質が付着している雨具を、再度使ってよい」と言っています。つまり、雨具を付けている間の放射能は浴びでも良い、と宣言しているようなものです。

線量は浴びている時間にも依存しますから、一概に言うことは難しいとは思いますが、是非発表内容には矛盾が無いようにお願いします。

|

« 僕の仲間(コネタマ参加中!) | トップページ | 一億円の価値(東北大震災の経済) »

オピニオン」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 僕の仲間(コネタマ参加中!) | トップページ | 一億円の価値(東北大震災の経済) »