« 油断せずに油断しよう、、、 | トップページ | あっち向いて、こっち向いて。 »

同じ中原玉でも、、、(もちろん、ボナンザ先生に訊いてみた)

羽生名人に三浦八段が挑戦する第68期将棋名人戦。先週、第二局が行われた。今回は三浦八段後手で85飛戦法。ちなみに、無風凧は横歩取りは、先手番で用いることはなく、後手の場合は、「相横歩取り」に持ち込みたいタイプなので、85飛は戦法ほとんど経験が無い。

20100501_2この将棋、第一局(4/10の記事参照)と同じく、中原玉の形が実現した。右図は、その27手目▲3七桂の局面である。この局面が定跡や研究の局面か否か知らない無風凧であるが、この後、
  ▽86歩▲同歩
というのには、ちょっと違和感を覚える。何となく「▽74歩だろ」と思うのだが、、、それ以上に、この後
  ▽同飛▲35歩▽85飛▲77桂
  ▽35飛▲25飛▽同飛▲同桂
という局面(35手目)は、どう見たって先手持ち。そういう意味では、同じ「中原玉」を用いていても印象が全く異なる。

しかし! ボナンザ先生には歯が立たない無風凧なので、このあたりをボナンザ先生に訊いてみる。
  32手目 ▽35同飛  後手持ち(スコア100)
  34手目 ▽25同飛 後手持ち(スコア227)
という結果。つまり、無風凧の直感「先手持ち」ではなく、後手持ちなのである!この後、35手目の▲25桂に対して、ボナンザ先生は10回試して10回とも▽55角と飛びだし 後手持ちのスコア316に後手の有利が拡大している。

本譜に戻ると、▲25同桂▽15角▲23歩▽同金 と進むわけだが、この同金の局面では、ボナンザ先生は スコアはほぼ0に成っていることを付け加えておこう。

三浦八段は、なかなか羽生名人に勝てないようだが、、、次の熱戦を期待したい。

お詫び: 超多忙で、新聞の棋譜をGWになってようやく見ました。時機を逸したアップになったことをお詫び申し上げます。

|

« 油断せずに油断しよう、、、 | トップページ | あっち向いて、こっち向いて。 »

将棋」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 同じ中原玉でも、、、(もちろん、ボナンザ先生に訊いてみた):

« 油断せずに油断しよう、、、 | トップページ | あっち向いて、こっち向いて。 »