« 食事中の方、失礼、、、 | トップページ | 先輩犬の無精髭 »

思想の中の数学的構造(山下正男著)

今年読んだ本。

今年、初めて読んだ本に限って一冊を挙げるならば、

 山下正男著:
  思想の中の数学的構造
 
(ちくま学芸文庫)

だろう。

無風凧は、元々物理系なので、「数学は道具」と思っていたのだけど、この本を読むと、数学と思想(哲学)の関係は両輪で、決して数学は道具ではない、と納得できる。否、数学が無ければ、思想は語るどころか進歩もしなかったであろう。先に述べたレヴィ=ストロースの偉業も、ヴェイユの論文が無ければむなしかったであろうことと同様に。

このような意味で、無風凧に「数学との新しい付き合い方」を教えてくれたこの一冊が、2009年のベストと言えよう。

ブログネタ: あなたが今年、読んで良かったと思う本は?参加数

|

« 食事中の方、失礼、、、 | トップページ | 先輩犬の無精髭 »

オピニオン」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 思想の中の数学的構造(山下正男著):

« 食事中の方、失礼、、、 | トップページ | 先輩犬の無精髭 »