« 理想と現実(コネタマ参加中!) | トップページ | 梅雨のお散歩 »

祝!6期

今日は名人戦第7局の二日目。泣いても笑っても今日で決着する。

朝起きたら、雨。いつもの「新橋SL広場」での大内節は聞けないのか、、、と諦め気味ではあったが、午後から雨は上がる。これなら「ある」と確信して新橋へ。

20090624_2雨模様を考慮してか、いつもとは少し離れた、LAPISTA新橋の屋根の下で新橋解説会は行われていた。。。無風凧の到着は1900頃。ちょうど後手4三銀先手3九飛の場面。一瞬にして無風凧の顔色が変わる、、、素人目にももう将棋は終わっている!

客席から「この局面から、羽生名人側をアマチュアの方が持っても勝てるかも」という意見が飛び出すが、大内名人は「いやいや、先手がアマチュアで後手がプロなら、プロが勝てます」とのこと。そうです。プロは強いのです! でも、アマチュア同士なら、、、やっぱり先手が勝つでしょうね。

200906242このような軽口が出るも、ほどなくして終局。かくして羽生さんの六期目防衛が成立しました。本当におめでとうございます。

また、今回は、郷田さんに運が無かったな、と感じるのは無風凧だけではないと思います。誰が言ったのか覚えていませんが、名人は取るものではなく与えられるものだとか。郷田さんの更なる活躍をお祈りしています。

それから。

末筆ながら、いつも新橋解説会を応援してくれているLAPISTA新橋さまに感謝の気持ちをお送りします。

写真出典 自前のケータイ

|

« 理想と現実(コネタマ参加中!) | トップページ | 梅雨のお散歩 »

将棋」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 祝!6期:

» 日本将棋連盟 名人戦 [最新経済ニュースダイジェスト]
デジタル対局時計「ザ・名人戦」商品価格:11,550円レビュー平均:5.0 第66期名人戦第2局投了図について第66期名人戦第2局投了図なのですが、 投了の説明で「森内名人の受けがなく、先手玉も詰まない」と いう記事を見ました。「受けがない」とはどういう意味なのでしょうか?また、詰みだという意味でしたら、[⇒回答を読む] アマ名人戦こんばんは。今月1日3日までアマ名人戦が行われたと思います。その結果を知ろうと将棋に関するサイトをみたのですが、見つけられませんでした。どなた... [続きを読む]

受信: 2009年6月25日 (木) 17時33分

« 理想と現実(コネタマ参加中!) | トップページ | 梅雨のお散歩 »