推薦入試の学生は本当に優秀か?

最近では、東大も推薦入試を始めています。大学によっては、新入生の大半が推薦、などというところもあるようです。

推薦入試で入学してきた学生に対する評価は、一昔前と今では随分変わってきました。

以前は、一般入試組が圧倒的に実力があると言われていて、推薦組はどうかすると肩身の狭い思いをしていたようです。しかし、最近は「推薦入試組の方が優秀」というのが定説になりつつあります。

その背景は、

①浪人したくない → 推薦で合格してしまえ

が背景にあるのでしょう。そのため、高校でそこそこ優秀な学生は、推薦入試を受けることになります。推薦は、一般入試より随分早く行われますから、一般入試の時期には「①で優秀な学生」を除いた学生が残っている。よって、昔より「一般入試を受験する優秀な学生の割合」が減っているのです。これが、推薦入試が優秀、と言われるからくりのようです。

では、本当に優秀でしょうか? 大学教員として現場に立っている無風凧にとっては、大いに疑問です。Z世代の影響もあるのでしょうが、、、

A. 言われたことはするけど、言われていなことはしない(自発性・自立性が弱い)

というのが、最大の懸念。これは、

B. 学校では、「内進点を稼ぐために」「違反をしない」ことや「出過ぎたことをしない」癖がついている

ためではないかと分析しています。だから、発展性が無い。 記憶はするけど理解はしない。資格試験は通るけど研究はできない。優秀な解決者にはなれるかもしれないけど、新しい価値を見つけることはできない。自分から課題を見つけることができない。

これらを総合すると、無風凧的には「いい子ではあるけど優秀ではない」ということになります。

優秀、という言葉の指す像が違うのかもしれませんね。官僚主義的な優秀と、研究者・起業家的な優秀は、おのずと違います。大学という組織は、とどのつまりは「文部科学省」の下部組織。官僚主義的な優秀者が求められ、教員もそのような評価をしている。

結果として、いま、世の中で求められれている「アントレプレナー」は育たない。ノーベル賞級の研究者も育たない。そういう輪廻に陥っているように考えます。

推薦入試を止め、

全入としたうえで、

単位取得条件を厳しくして(絶対評価として)

「卒業者をしぼる」。

如何でしょう?これくらい思い切ったことをしなければ、優秀な学生は育たない、と無風凧は思っています。

 

| | コメント (0)

音楽を聴かない日々(好きな音楽2023年1月)

1月。音楽をほとんど聞きませんでした。聞いていたのは、小川のせせらぎや、波の音、焚火の音、、、と言った感じの音ばかり聴いています。

去年の9月頃から時々聞いていたのですが、1月はほとんどそういう「音」を聴いていました。

人は、「自然な音の中で生きてきた」ことの証でしょうか。だんだん、音楽から、「音」に移りつつあるような気がしています。

| | コメント (0)

犯罪被害者のための「新あすの会」

Yahooの独自記事として、「新あすの会(新全国犯罪被害者の会、代表岡村勲弁護士)」がとりあげられました(コチラ 参照)。

日本において。犯罪被害者・被害者遺族へのサポートは本当に弱い、と無風凧も思っています。

上記記事からもお判りいただけると思いますが、日本においては「加害者」に支払う国家予算の方が、「被害者」に支払う予算よりも大きいのです。ありえない!と思いませんか?

無風凧は、岡村弁護士の「新あすの会」に賛同です。(新あすの会のホームページは コチラ

と同時に。

日本において、もう一つ、ないがしろにされている被害者があります。それは、いじめ等に起因して精神的なダメージを受けた「患者」に対するサポート、適応障害と言われた方々へのサポートです。職場環境になじめない、という場合、現在は「新参者が悪」「新参者が起因」とされることが多いですが、実際は「ムラ」社会型である日本の風土的いじめに相当することが多い。結果として転職を余儀なくされたりPTSDになったりした場合の補償など、まったくと言ってよいほど手付かず。大企業に所属しているなら「休職」期間はいくらか手当てが出ますが、昇給もできず、結局退職に追いやられる、、、ことなど考えれば、まったく不十分なサポートと言えるでしょう。

結果として、日本はなんでも「やられたもの負け」な社会。弱肉強食と言えば、動物の常ですが、ヒトは、社会的な動物。社会的、という言葉の含む意味の一つとして、「やられた者のためのサポート」を加えなくてはならないと思っています。

| | コメント (0)

ランキングからの解脱

米医学部ランキングに「ノー」、名門校が続々データ提供停止(コチラ 参照)

という、刺激的なタイトルの記事がアップされています。

タイトル通りで、米国の有名大学医学部が、大学ランキングに使われるデータの提供を止めた、という内容の記事です。

まず、ランキングに乗ることからの脱出を、無風凧は「ランキングからの解脱」と呼んでいます。この解脱は、仏教でいう「六道輪廻からの解脱」と同じ意味で使っています。

「ランキング」、THEやQSが行っている大学ランキングは、基本的に合成ランキングです。幾つかの指標に従って定量化し、それを足し合わせる。だから、指標にあるものの数量を上げ、無い指標は手を抜いても良い。

極端な例ですが。「外国人留学生受け入れ数」がランキングの指標に入っている場合、「外国人枠」を作ることにより、ランキングを上げることができます。ここで、外国人枠の応募する学生が優秀か否かは関係なく、「ランキングが上がる」。論文数を評価するランキングなら、質より量で論文を書くことになるから、「長期的な視点での基礎的な研究」より「すぐに論文かできるケース中心の研究」が増えることになるでしょう。こうなると、研究の質が下がっているにも関わらず、大学のランキングは上がっていきます。

このように。「ランキングの向上を目指す」ことは、その呪縛から逃れることができません。上がれば下がるのは世の常。あたかも六道輪廻のようなものです。ここにいる間は「涅槃」に行くことはできません。もうお分かりかと思いますが、ここでいう涅槃とは、「本当の意味での研究の質を上げる」。

という意味で、ランキングからの解脱は、新の実力を目指すための第一歩、なのです。

 

| | コメント (0)

詰将棋: おもちゃ箱に投稿した年賀詰

土曜日は詰将棋の日!

20230128 今週は、詰将棋おもちゃ箱(こちら)に投稿した年賀詰です。

タイトル: VUCAの時代

時代はVUCA(不安定・不確定)。その第一作は、詰将棋おもちゃ箱の年賀詰に投稿して、採用していただきました。(コチラ 参照)。詰方の4枚の駒は、何れも変更が可能です。不確定な詰将棋なのです。

14,34は、金桂香歩
24,44は、銀桂香歩

のどれを選んでも良い。ただ、詰方の配置駒を全部「桂」にはできません、、、というのは、詰方の持ち駒に桂があるから、盤上に4枚は並ばないのです(五枚目の桂が必要になります)。

見どころという程ではありませんが。4手目は限定です。

お気が付きの方もいらっしゃると思いますが、このブログでアップした「VUCA時代に法華経三昧(コチラ 参照)」と双子です。還元玉にはなっていませんが、詰み上がりは綺麗だな、と思います。

| | コメント (0)

トヨタは一流だね。

トヨタの次期社長が発表になりました。(コチラ 参照)

昭男氏が社長を退く。内山田氏も会長から退く。

新社長の佐藤さんは53歳。13歳若返ります。丁度一回り、というところでしょうか。

時代に追いつくためには、時代に越されないトップが必要。言うまでもないことです。

それが出来るトヨタは、やはり一流企業ですね。

# ただし、決まり方が公平な場合、ですが。

| | コメント (0)

文法?

本当の英語力、って何でしょうね?

英語じゃなくて、日本語でも本質的には同じでしょうけど。

「理解できない時には理解する手段を知っている」

ではないでしょうか。文脈から意味を類推する、辞書をひく、相手に訊く、などなど。

少なくとも「文法を正しくしっていること」ではない。

昨年11月の都立高校の英語の試験(コチラ 参照)。中学で習っていない文法が出たことが良いとか悪いとか。

そもそもとして、コミュニケーションの問題ではないと思うのです。英語のスピーキングのもんだいとして、あまりに的を外している。あまりに些末事。

ChatGPTが、ペンシルバニア大のMBAに合格したそうです。つまり、ChatGPTレベルであれば、英語のコミュニケーションがRealTimeに出来る日が来ているわけです。

そう思うと、都立高校の英語のスピーキングに関する問題は、色々な意味で的がずれているような気がします。

| | コメント (0)

何を悩んでいるのカチラ?

20230125 はなちゃん先生:
あたち、何を悩んでいるんだったカチラ?

写真出典: 特命希望様ご投稿
久しぶりに、はなちゃん先生写真の未発表写真をお送りいただきました。もう3回忌を終えたはなちゃん先生ですが、まだまだ魅力は尽きませんね。

| | コメント (0)

«世論は正しいのか?