研究クラフティング理論

日本が、技術立国の座から滑り落ちて、久しい気がします。論文数(多分世界5位)も引用数(同じく20位くらい)も、一流とは言えない時代になってもう何年になるでしょう。

技術立国、とか、ものづくり大国 と言われていた時代は、科学立国で会ったことをことを思い出すと、「ものづくり」に注力した余りに「イノベーションのジレンマ」に陥ったのだろうなあ、と直感します。

事実、今でもものづくり復興、を経産省は掲げていますし、それ以上に、「為政者」を含む意思決定者は、「昔の光今何処」という方たちが多い。

そして、研究も「計画的に(研究プラニング)」ということが金科玉条のごとく守られていて、科研費なども、「研究計画」で判断されます。技術進歩・科学進歩の中の進歩が速いこの時代に、3年間の研究計画を書け、という事の方が難しい。

加えて、実績主義。国会はいまだに「紙のコピー」で資料が配布され、タブレットを使うことは不謹慎とまで言われるような場所ですが、科学・技術の世界でも、今でもそのような方々が「意思決定」の場面にいらっしゃることが多い。いろいろな大学の「役職者・教授」と呼ばれている人たちの年齢を考えると、皆さんも納得してくれるでしょう。特に私立は高年齢の方が多いという印象があります。

経験や人的ネットワークも、研究遂行脳力の一つであることは否定しません。

しかし、京大の望月先生のIUTのような研究は、実際はそこかしこにある。若い時に日の目を見なければ、結局いつまでたっても非常勤のままという天才的な能力をもつ研究者を、無風凧は知っています。その意味でも時代に合った科学振興政策が欲しい。

先日、Hミンツバーグの論文集を久しぶりに本棚から出してきて、読みました。戦略サファリ、そして戦略クラフティング理論は、無風凧の感が肩の一つの根幹をなしています。

そして思います。

研究も、アート、クラフト、サイエンス(ここでいうサイエンスは、研究内容のサイエンスを意味していないことはお分かりいただけるでしょう)。その上で、研究計画もクラフティング理論的に適応していく。過去の実績ににしなられる事なく、新しくアート(左脳的思い付き)も重視し、なによりもそのテーマを大切にする研究戦略を立てる研究クラフティング。

この実装を無くして、日本が科学No1の座に返り咲くことはないでしょう。

長くなってきたので、戦略クラフティングの実装施策については、また改めて。

| | コメント (0)

選挙の応援

Webのニュースを見ていると。

東京15区の補選は随分ヒートアップしているようです。吉村大阪府知事も、日本維新の会の共同代表として応援にかけつけていたり、そのほか「維新議員総出演」という感じにてッています。

今回の維新の会に限らず、これまで、そして、他の政党も、選挙応援に駆け付ける議員は沢山います。

でもよく考えて下さい。

例えば吉村さん。大阪府知事としての仕事を横において、他の仕事をしているわけです。日本の政治は現在政党政治となっていますが、地方分権を謳う維新でさえ、分権の実務よりは政党の力を増すことに、力を入れているわけです。

国政(国会)を牛耳らなければ、前に進まない、という主張をしたいのだと思います。しかし、言行矛盾の姿は、いずれ、しっぺい返しを食らうことになるでしょう。

今回は、吉村さんを例に出していますが、他の政党も同じです。政党第一、まるで政党に就職するような感じで候補になり、選挙活動は民間企業の広告活動とまったく同じ。

日本の政治に、論理と倫理が戻ってくるのは何時でしょうか?(そもそも、そんな時代は無かった、という方もいらっしゃるかもしれませんが)

| | コメント (0)

DIY

DIYで、棚を作りました。

以前、別用で使った長い合板があったので、それを切って棚を作りました、、、

昔は、木工大好きだった無風凧。のこぎりや、金づちは当たり前として,のみ、かんな、なんでもござれだったのです、、、が。

最近の合板は、昔よりも随分固くなりましたね。あつさ1㎝の合板を20cmほど鋸で切るだけで、10分以上かかりました。自然僕なら、2分もかからないかなあ、と思うのですけど。

というわけで、今日は疲労困憊、です。

| | コメント (0)

詰将棋: 飛桂6枚最長へ手順への挑戦4

土曜日は詰将棋の日!

202404202 最近は、飛桂6枚の最長手順い挑戦しています。

今週は、、、桂4枚を盤上において、詰め方の持ち駒として飛車二枚を作ってみました。如何でしょうか?

余詰めはないのですが(と思いますが)、最終三手に変化二手長駒余り(もしくは、以遠打)があります。柿木先生は「余詰め」と出しているのですが、変化二手長駒余りもしくは以遠打だと思っています。(無駄合で、以遠打が正しいと自分では思っています)

今回は、なんとか+4手までの短手数確認と、7200秒制限の長手数確認までできました。

 

| | コメント (0)

「教育の価格」問題

慶應の伊藤君(塾長)が、国立大学の授業料値上げを提言して、集中砲火を受けている(?)ようです。

逆に、大阪の吉村府知事は高校教育費の無償化を公約としている。

教育の価格。これはいろいろな意見で割れています。

無風凧は。

優秀な学生が、安心して進学できる環境を整えること

が必要だと考えます。ここで、一つだけ、言葉の定義が必要です。「優秀な」という言葉。これは、「学術的な意味での優秀さ」に限定することが肝要。(この「学術的な」も、時代によってかわりますから定義が難しいのですが)

現実の大学は、就職予備校化している学校も多い。多くの大学が、就職率を評価関数としていることからもわかります。

学校教育法の意図とも、その意味でも離れてしまっています。

学費を上げる。その代わり、*優秀であれば返済浮揚の奨学金をつける* というのが、本来の姿ではないか、というのが無風凧の意見。学費を高くし、教育・研究環境を向上させ、より良い研究成果を出す。それが、「本来の大学に求められている機能」です。言い換えれば、高度な研究結果をあげ、その結果を社会に還元させるのが大学であり、けっして「就職のための予備校」「卒業資格授与機関」ではないわけです。

学術大学は、学費を上げ、大学の数も減らし、少数精鋭化する。その代わり、専修学校をより一般化させ、教育機関として高校より高度な人材を育てる、という二本立てにしていくのが正しいのではないかな、というのは如何でしょうか? フランスの教育制度は、そのようになっていますね。

こんなこと書くと、読者の皆様に叱られるかなあ、、、、と思いながら。

| | コメント (0)

四国の地震

昨夜遅く、四国高知で震度6弱の地震がありました。被災された皆様のご無事と復興を心からお祈りしています。

今年は、1月1日の能登地震、千葉沖の群発地震、と地震のニュースが例年よりも多いような気がします。

ただし。

だからと言って、「南海トラフの確度が上がった」などという流言には惑わされないようにしなくてはならない、と思っています。

地震のメカニズムは複雑、です。もしかしたら神様(=全ての物理化学現象の説明が付く人)の目から見たら簡単なのかもしれませんが、現代科学はそこまで賢くはありません。だから、「南海トラフの確度が上がった」「富士山噴火もちかくなった」という意見を「根も葉も無いモノ」と断言はできません。でも、「因果関係がある」と言い切ることができる人もいないのが実情。

我々市井の人間にできることは。

いざという時の備え、だけということになるのでしょう。

そうそう。

能登地震の時は、「ペット同伴」が問題になりました。これは、今でも解決していない問題の一つ。ペットも命は命です。そして、家族の一員としてのポジションを得ているわんこ、にゃんこは多い。所謂「Non-Human Parsons」です。ペットやその他動物も含めた共生社会を目指したいと、無風凧は思います。

その意味でも。

被災された皆さまのご無事をお祈りするとともに、ペットたちの幸せも願っています。

 

| | コメント (0)

少子化対策

少子化対策で国会が揺れています。

無風凧も、少子化そして過疎化問題は、十分な議論・対策が必要な案件だと考えていますし、それなりに対策を述べてきていますが。

新聞やWeb上の記事を読む限り、2つの懸念があります

1) 政党が、派遣争いの道具にしてるのではないか?

2) 国民の「多数決」とした場合に、本当に少子化対策を必要と思っているのだろうか?

前者はこれまで何度も感じてきたことなので、今更感がある懸念点ですが、2)は昨夜気が付いて、背筋が寒い思いをしています。少子高齢化し、本当に困る世代の方々の意見や行動を「上の世代」から見ていると、その必要性を感じていないように思えることが多い。まあ、無風凧も「上の世代」の一員ですから、その意味では、「後続の世代の意見を尊重しなくてはならない」一人ではあるのですが、少子化対策についてまともに考えている人を見たことがありません。

少子解対策よりも、今の自分のことで精いっぱい、というか、「自分のValueを上げる」もしくは「自分の世界を守る」という人たちが多い。そして、少子化による弊害は「自分の責任ではない」とどこ吹く風です。責任を上の世代に押し付けている、というと少し語弊がありますが、少なくとも「自分の課題」としては取り扱っていないように思います。

ちなみに。上の世代の人たちも「だれか百年の形体を保つべきや(白骨の御文より)」というわけではないでしょうが、自分たちの生きている間は何とかなるかな、と「火のついた鍋の水にいる茹でガエル」状態で、結局1)にたどり着くわけです。

このように考えると。

少子化対策を「上の世代」が考えていくのは、「間違い」なのではないか、と思えてきます。上の世代は、これまでの50年、教育を間違えてきたことを、自覚するところから始めてほしい。上の世代、次の世代の事を考え、ある意味で「責任を持つ」ことを今の世代に教えてこなかったこと、を反省しなくてはならない、と無風凧は思うのです。

自民党が少子化対策法案を今日、通過させるでしょう。この法案は、1)です。決して2)ではありません。結果、、、少子化の根本的な意味での解決にはつながっていない、と無風凧は断言します。

 

| | コメント (0)

激安! 横浜合同庁舎の食堂

先ほど、馬車道にある横浜合同庁舎に行きました。用事がすんで、お昼頃。1Fに凄い人だかりができている。なにだろう?とおもってみてみると、なんと食堂。所謂「社食(社員食堂)」のようなものです。

驚いたのはその激安ぶり。内容の比較はしていませが(最近の無風凧は、基本的に外食はしない)、市価の半額~3割引、という感じです。横浜の馬車道はある意味では繁華街。その中の価格で考えれば、、、お得すぎ!

無風凧的には。

1. もし、本当にこの価格でビジネスが成立しているのであれば、他のお店は暴利をむさぼっていることになります。そして、倒産していく幾多の飲食店は、努力と工夫をしていない、と言っても過言ではないでしょう。

2. もし、補助などが入っているのだとすれば、それは税金の使い方をもう一度考え直してほしい、と言えます。結局、「税金」という「原資」があるからこそ、仕入れなどで強気に勝負できる。その結果としての低価格、といえること考えられるからです。

いずれにしても。横浜の合同庁舎の社食は激安! これに驚いた一日です。

 

| | コメント (0)

«凶兆?