安倍元首相の国葬に思う

今日、安部元首相の国葬が行われました。これだけ世論が反対している中での挙行は、憲政史上稀にみることではないでしょうか。

無風凧は、この国葬が閨閥・世襲政治の「最後のアダバナ」ではないかと感じています。というか、最後にしてほしい。

大きな課題、、、国政だけではなく、今の日本全体の課題と言えますが、、、は、限定合理性、ということに集約されるでしょうか。閨閥も世襲も限定合理性を強めていることは、読者の皆様はご理解いただけると思いまうs。

為政者に限らず、人は自分の持っている情報だけで判断します。自分の周りの人の意見が「世界の全体」と思ってしまう傾向があります。これは、人が人である以上、仕方がないことです。社会科学において絶対の客観的判断はできない、ということです。というか、「判断」という作業が入った時点で、どんなに客観的なデータを集めたとしても、判断者する際に「判断者の気持ち=限定された情報に基づく合理的な解釈」が入ります。だから、どこまで行っても、限定合理性の呪縛から逃れることはできません。

今回の国葬、4割もの欠席者がでたということで、規模も6000人予定が4000人程度だったということですが、このいつ意地をもってしても、どこかで限定合理性が作用したために、誤判断至ったことは、明白でしょう。

この呪縛から離れるためには、究極には「すべての判断=影響の及ぼす範囲」を個人に限ってしまうことしかないのですが、人は社会的な動物ですから、個人で生きていくことはできません。

結局。限定合理性の呪縛から逃れるための「コミュニティ(限定合理性の影響を及ぼす範囲)を小さくすること」と、社会的動物としての人類が「生きていくために必要なサイズまで、個人からコミュニティの大きさを大きくする」ことの、接点を見つけるしかありません。

自分のことは自分で決める。それが実現できる社会であれば、今回の「国葬問題」は起きなかったことと思います。日本の仕組みを改善する時期が来ています。

 

 

| | コメント (0)

「貢献」は本当に世の中のために必要だろうか?

企業教育をしていると「世の中に貢献する」という話が何度も出てきます。ピッチでのプレゼンテーションを初めとして、世の中に貢献するために、という言葉は耳障りも良いですし、共感を得やすい。大学生の就職活動でのエントリーシートにも、「会社に対する貢献」は、よく書かれる内容です。

しかし、世の中が平等で安定であるために、この貢献というのは本当に必要なんでしょうか?もちろん、幸せの総量を増やすことに反対するわけではありません。でも、本当に効果があるのかな、ということをちょっと考えてみた、というのが今日の内容です。

二次元の閉空間における多粒子問題を考えてましょう(分子動力学法を知っている方なら、話が早いと思います)。粒子間には2体の相互作用として引力が働いていると考えます。適当な初期条件の下、シミュレーテッドアニーリングなどの方法で安定解を求めることができます。この安定解、引力ではなく斥力だとしても同じ答えになります。(もちろん、初期値が違いますから、粒子位置の見た目は違うかもしれませんが、物理的な特性は同一になります)

引力が自分に対して施しをしてもらう方、斥力が他人に対して貢献をする方、と考えれば、してもらってもしても結果は同じになるではないか、と考えてしまいます。

だとすれば、本当に貢献するということが必要なのだろうか。平等を安定解と考えるのであればあれば、他人との相互作用がないこち、すなわち、迷惑をかけることも貢献することもないことの方が重要です。これはつまり、自立することの方が重要、ということを指し示してるのではないかと考えてしまいます。

独りよがりの、言葉足らずで申し訳ありません。元物理屋の無風凧。ちょっと暴走気味の妄想をしてみました。

| | コメント (0)

あかりちゃんも一緒に面倒見ちゃうわよ

20220925 はなちゃん先生: 神田明神のあかりちゃんもダイエットちているの?無風凧さんのついでにあかりちゃんも面倒みちゃうわよ!

写真出典: 匿名希望様ご投稿
数万枚あるといわれているはなちゃん先生の写真アーカイブからお送りいただきました。晩年のはなちゃん先生ですね。19日のこのブログによると(コチラ 参照)、神馬のあかりちゃんは、神の国にヒトッ跳びですから、天国で指導ウケることもできますね。

| | コメント (0)

詰将棋: 双裸玉で詰方玉が動く詰将棋(はる筆線屋様作)

すごいものを、発見しました。今年一番の驚き、でもあります(詰将棋に関して、ですが)。

それは、双裸玉で詰方玉が動く詰将棋。無風凧の記事を読むより、すぐに 作者はる筆線屋様 の note を読むことがおススメ です。

コチラ です。)

以前、攻方玉九列移動を考えていたときに、同一飛車で二度王手する、に挑戦したことがあります(コチラ 参照)。これは成功しましたが(スマホ詰パラで発表)、同じ飛車で3度の王手には失敗しました。この時に、双裸玉で同一飛車による攻方玉移動も挑戦しました。が、見事に不成功。今でもチャレンジしている課題の一つです。

作者のはる筆線屋様も、おそらく、飛車でも挑戦されたのだろうな、と思っていますが、角で実現されました。(無風凧は、角では挑戦していません。)

いずれにしても、すごい作品です。脱帽、乾杯(完敗)!

# 図は、著作権がありますので、掲載していません。ぜひ、ご本人のnote (再掲、コチラ )をお訪ね下さい。

 

| | コメント (0)

研究の新テーマ

20210310 まるたろう:無風凧さん、新しい研究テーマ、面白そうだね。僕も手伝いたいな。

写真出典: 自前のM5
新しい研究テーマ。技術的にはこれまで培ってきた色々なテーマの集大成ですが、そとから見えるターゲットは随分違うものに見えているかもしれません。ランキングでもシステム論でも圏論ありません。もう少しまとまってから、このブログでも紹介していきたいと思います。

| | コメント (0)

世論と国政

安倍元首相の国葬問題が落ち着きません。世論としては反対が多い。しかし、閣議決定で国葬が行われる。

国会議員は、国民の声を代表しているはずの間接民主政治。ですが、国政と世論がずれてしまっています。何がいけないのでしょうか?

それは、国会議員が、「そもそも国民の声を代表していない」ということ。国民の声、、、全国民の多数決と定義しておきましょう。その国民の声は、直接一人づつの意見をきくことが最良ですが、コストがかかりすぎる。だから、統計学的な手法になります。世論調査はテレビの視聴率と同じですね。

国会議員の顔ぶれを見てみましょう。男女比率一つとっても、統計的に国民の声を表すことができないであろうことは自明です。同様に、年齢分布も実態を反映していない。などなど、世論と国政がずれるのは当然のこと、と言えます。

これを是正すべきか否か、は一つメタな議論になります。というのは、「本来のあるべき姿」の決め方自身が「多数決でよいのか」の議論があるからです。しかし。ICTが進んでビッグデータ分析が可能になってきた今日、一昔前よりは各段に簡単に直接民主政治の可能性が広がっています。

国民の声を代弁するのが国会、というなら、「直接民主政治にするための技術開発」が始まっても良いように思います。

 

 

 

| | コメント (0)

研究の重要度、研究者の資質(2)

前回記事を書いていて思い出したのですが(コチラ 参照)、私の先輩にこういう方がいらっしゃいます。

彼が大学院の頃、思っただけで文章の作成ができる装置を作りたい、と思ったそうです。今からもう50年前の話です。彼はそのために脳波を測定する装置の重要性を説いて、実験計画を作り、研究資金獲得に奔走したそうですが、当時は夢物語と取り合ってもらえなかったそうです。

2022年の現在、まさにこの手の研究が進もうとしています。言葉を聞いた時の脳波の動きを測定する装置が開発されつつあります(コチラ など参照)。もし50年前に、その技術に対して理解があったなら、もしかしたら日本は AI の世界で世界に先んじていたかもしれません。しかし、結果はどうでしょうか。

研究の重要度、などというものは後からしか分からないものなのかもしれません。それを、今判断しようとすることが、研究の目を潰してしまう結果を導き、ひいては、科学技術の進歩を遅らせているのかもしれません。

| | コメント (0)

組織立ち上げの第一歩

今日は組織立ち上げコンサルの現場の話から。

アントレプレナーな人は組織を立ち上げるということも必要になってきます。言い換えれば、起業する際には必ず新しい組織を立ち上げます。その意味で組織をどのように立ち上げるのかということは最も重要な課題のひとつです。

では、組織立ち上げの第一歩は、何でしょうか。それは、参加してくれる人とビジョンを共有することです。ビジョンとか目的とか成果だとか色々な言い方ができるかもしれません。最終的に自分たちが目指しているものが何であるかということを共有することが第一歩です。

色々な教科書に限らず無風凧の経験上でも、ビジョンの共有に失敗した組織で成功した例は知りません。それぐらいビジョンの共有は大切です。

先日コンサル仲間から聞いた話ですが、とある新規プロジェクトで、ビジョンの共有に相当する作業が行われなかったものがあったそうです。案の上、2年もしないうちにそのプロジェクトは瞑想を始めたとのことです。友人に聞くと、「プロジェクトリーダーがビジョンをまとめるということをないがしろにしていた。自分が第三者的にアドバイスをしたのだけれども通じなかった」と嘆いてました。

プロジェクトを立ち上げる前に色々考えたリーダーであればあるほど、早く結果に結びつけたいから、ビジョンの共有よりもワークの割り振りに目がいってしまうことになります。よほどカリスマ的なリーダーであればそのようなやり方でもうまくいくかもしれません。しかしそれでも無風凧はその事例をしません。それほどまでにビジョンの共有は大切です。

アントレプレナーの皆さん、少なくとも立ち上げ期は、言い換えればお金で労働力を買うというフェーズに来る前は、ビジョンの共有こそ最も大切なことだと心得てください。

 

| | コメント (0)

«天高く馬肥ゆる秋