真実とは

日大アメフトの反則行為。


明日5/22、日大の反則した選手が会見を開くそうです。ここで、本当に真実が語られるのでしょうか?

世論、と言うわけではないですが、マスゴミの論調などを見ていると、監督から反則の指示があった、と言うのが「世間様の真実」のように語られています。

つまり、内田元監督の真実の発言がドチラデアッタカは期待されておらず、「監督から反則指示があった」と言う発言が求められている。当該選手は、指示があった、と言わなければ「真実を語っていない」との烙印を押されるような雰囲気です。

反則の瞬間のビデオを見て、無風凧も随分非道い反則だ、と思います。また、内田元監督の会見発言も人を食ったようなもので有ると思います、、、が、それらのバイアスの結果を、加害者選手に求めることは、厳に慎まなくてはなりません。

これは、言ってみれば痴漢の冤罪と同じ構造です。

嘘を言うことは良くないことです。でも、真実は見方によって変わります。加害者選手の発言を、正しく受け取ることが最も重要なことで有ると、無風凧は考えています。

| | トラックバック (0)

さすがの名演

20180521

今日は、湘南国際村で行われた「水島愛子・平沢匡朗Duoコンサート」を聴いてきました。お二人の演奏会を聴きに行くのは、、、もう5回目くらいでしょうか。

演奏会の前に、厨子から湘南国際村にバスで向かうのですが、これが嫌になるほど遠い。バスで30分近くかかり、その上坂道を歩いて、、、やっと演奏会場まで到達。でも。その苦労の甲斐がアリ、ここ数年で一番の演奏会でした。まずは、両先生に大きな拍手です。ありがとうございます。

ブラームス3番の熱演の後、「熱いブラームスをクールダウン(水島先生談)」するために弾いたアンコールが、これまた凄い。あれだけ熱いBrahmsのあとで、普通よりもゆっくり、たっぷり奏でられたDvorakのロマンティックな小品は、超絶品でした。

たった30名程度で満席になる会場での演奏。随分と贅沢な音楽会を楽しむことが出来ました。

写真は、会場を出たときに見た富士山。この富士山も今日が良い一日だったことの証左です。

| | コメント (0)

働き方改革の抜本改革案

今国会の目玉、働き方改革。

施策レベルでの課題は、「長時間労働対策」「非正規雇用問題」「労働力不足問題」の3つに代表されます。昨今の国会は、長時間労働に対する調査結果に不備が見つかったとのことで炎上(?)しています。

さて。これらに対して、例えば「高度プロフェッショナル制度(以下 髙プロ)」なるものを適用したり、「非正規雇用の正規雇用化(五年雇止め)」を謳ったり、、、というのが、昨今の動きですす。あと、地味に「定年後の再雇用」についてのルールも論じられていますが、あまり人口に膾炙していません。

この3つの課題と現行の施策を、「労働時間」の観点で整理してみましょう。

まず、髙プロは、労働時間の「国民全体での均一化」「個人単位での長期間を考えた場合の労働時間の均一化」を目指す施策です(少し見方を変えれば、労働に関するエルゴード仮説の実現、と言えるでしょうか)。そして、正規非正規問題は、究極には、同一業務に対する時給の均一化(保険や福利厚生、年金なども含めた意味です)。そして、「上記2つの施策で処理しきれなかった労働時間を、60歳以降労働力に割り振る」というものです。

とどのつまり、政府案は、総て「時間均一化」が暗黙のゴールになっています。

所で。
仕事の好きな人は、仕事時間が少なくなるとそれだけで悲しくなるでしょう、、、つまり、時間均一化は、万人にとって最良の方法では無いことは明らかです。だったら、時間ではない何か、を均一化したほうが、良いのではないか、その何かを探す方が国民の支持は得られやすいのではないか、と考えてしまいます。

少し長くなってきたので、続きは改めて。

| | コメント (0)

うみゅ、熱戦だ

20180519 名人戦観戦中のうり坊くん:
明日から名人戦第4局。なかなか熱戦だな。

写真出典 GAHAG 著作権フリー写真・イラスト素材集 Public Domain

このうり坊くんは左利きなんでしょうか? 指がしなっています!

羽生永世七冠が佐藤名人に挑む76期名人戦は、明日19日から第四局です。熱戦が楽しみです。

| | コメント (0)

グレープフルーツ

無風凧邸の朝食には、必ずグレープフルーツがある。健康のために、とよ思いで始めて、もう習慣になってしまった。こうなると、一日でも欠けるのが嫌になる。だから、無風凧邸の冷蔵庫には、多いときは一週間分7個のグレープフルーツが鎮座していることがある。結構壮観である。

みなさんは、グレープフルーツをどのようにしてたべるのだろう?2つ切りにしてお砂糖を掛け、ギザギザの付いたスプーンで掬って食べる、と言う方が多いのではないかと思うのだけど。無風凧も、かつてはそのようにして食べていたのだけど、最近は、小ミカンと同じように、外の皮だけ剥いて、後はソノママ食べることが多い。健康のために食べるグレープフルーツなのに、砂糖を掛けていては逆効果、と言えよう。

今朝。久しぶりに「ギザギザスプーン」で掬って食べたときの話。食べた後に、皮に付いている果肉が未だ未だたくさんあることによる気が付く。どうせなら、搾ってジュースで飲もう、と思い立って搾ってみると、コップ一杯分は優に搾ることが出来た。何となく「得した気分」だったのだけど、よう考えたら、これまで、コップ一杯のグレープフルーツジュースを捨ててしまぅていたことに気が付く。ああ、勿体ない。

そんなことを考えて、明日からはまた、小ミカンのように食べよう、と思った。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

暑い

今日の東京は、とても暑い一日となりました。暑さに弱い無風凧、自分がバターのように溶けてしまうのではないか、と心配してしまいました。

ソノセイデしょうか。今日はもうバテバテです。お休みなさい。

| | コメント (0)

使用者責任、というわけではないですが。

加計問題。

柳瀬元秘書官が、4月2日に首相官邸で会った・会わないが、国会の場でずっと議論が続いてて、これこそ、無駄の極致だと思っています。しかし、無風凧的には、それ以上に「呆れた」という発言が安倍首相から出ましたので、今日はそのネタ。

「柳瀬秘書官がやったことをすべて把握しているわけではないし、報告も受けていない。」旨の発言を安倍首相が繰り返しています。含意は、「その場の発言や忖度にまで責任は取れない」。これが、無風凧的には「呆れた」発言です。

昨年来続いている、企業の粉飾決裁やデータ改ざん問題など、大企業のトップがその場でしっていることはありえません。問題が発覚し、場合によってはマスゴミ報道で逆輸入の形で情報を得ることの少なくないでしょう。でも、企業のトップは、「知らなかった」とは言っても最終的な「責任の所在」が自分に戻ってくることは理解しています。

丁度今、テレビ東京のお昼の海外TVドラマで、「SUIT、シーズン1」を放映していますが、その第7話。

会社社長;「私が知らなかったことだけは信じてくれ」
顧問弁護士:「知っておくべきだった」

まあ、前後を端折ってますから、詳細はDVDなどで確認していただくとして、無風凧の主張は、「上司が知らないは通用しない」のが世の中の常識だということ。

この視点に立てば、安倍首相の発言に、なぜ無風凧が「呆れて」しまったのか、ご理解いただけるでしょう。

国会中継はその他にもオカシイところが多くありますが、それはまた、改めて。

| | コメント (0)

ハシタナイ大人

猫さん: 無風凧さん、ずる休みしてないかニャ?

20180514

写真出典 GAHAG 著作権フリー写真・イラスト素材集 Public Domain
猫さんに監視されてているので、、、、ずる休みは出来ません(笑)。

さて。
先週の金曜日、とある会合のあとの懇親会でのことです。金曜日なので、飛び込みではどのお店も開いてなくて、5人で小さな居酒屋に入りました。

メンバー初顔合わせということもあり、軽くお湿り程度、の予定だったのですが、、、最年長の一人だけメートルを上げて呑み。挙句の果てには、「割り勘で呑み負けたことは無い」の自慢話から「呑み会は呑まない奴が悪い!」とクダを巻く始末。

結局、一人で四人分以上飲んで、支払いは等分割り勘となりました、、、もっとも、他の若手の手前、無風凧は、半分持つことにしたのですが、最年長の一人は結局割り勘一人分。無風凧の目で見れば、随分とハシタナイ飲み方をする大人だな、と思いました。

| | コメント (0)

今回はお休みよ!

20180513 はなちゃん先生:
今月は、自分のトレーニングで忙しいの。無風凧さんのトレーニングはお休みよ。

 

写真出典 特命希望様ご投稿
今月。なかなかはなちゃん先生のお写真が届かないなあ、、、と思っていたら、ご自身のトレーニング(=タオル遊び)に余念がないようです、、、次回、よろしくお願いしますね。

無風凧自身も、なんだかとても慌ただしい毎日。ブログが超手抜きになってしまっています。。。。

|

«記録更新のために。