500年前、500年後。

今から500年前、、、1517年と言えば、日本は、戦国時代真っ只中です。室町幕府が事実上権力を亡くしてしまい、応仁の乱を経て、しかし、織田信長が生まれる未だ前。20170819

同様に、世界を見てみると、コロンブスがアメリカ大陸を発見したのが1492年ですから、所謂「世界」の中にアメリカは入ってなくて、ヨーロッパ中心。そのヨーロッパも、今とは随分と様相が異なっていたようです。(図は、Cc 世界の歴史マップ サイトからダウンロードしています。)

この時代は、イギリスはまだ島国で田舎。ハプスブルク家がヨーロッパ征服(?)を強く進めていた時代です。今でいうフランスもスペインもすべてハプスブルク家のものとなっていってました。

この時代に、、、500年後は、アメリカが中心になっている、って考えた人は皆無でしょう。ハプスブルク家は今も血筋は絶えて無いけれども、ヨーロッパの覇者、という地位とは程遠いと言えます。

同様に考えて、500年後の世の中はどのようになっているでしょうか?今の時代を生き抜くのに必死で、500年後のことなんで考えられない、という意見も判りますが、しかし、どのような世界にしたいか、そのために、今はどのようなことをしなければならないか、と考えて日々を過ごすことは、非常に有意義なことと思います。500年後、地球が無くなっていてはならない、と考えれば、米国と北朝鮮の核戦争は起こしてはならない、というように。このように考えれば、国際関係の中の解決は、おのずといくつかのVisionに集約されるのだと思います。アメリカファースト、都民ファースト、みたい「ローカルには耳障りの良い言葉」が、いつまで通用するのか、改めて問うてみたくなります。

500年後。世界はもっとGlobal化が進み、「地球連邦国」みたいなものが成立しているのでしょうか?それとも、細かな国が現在のように多数存在していて、シノギを削っているのでしょうか?みなさんは、どういう「500年後」を描きますか?そのために、今、何をしたいと思いますか?

| | コメント (0)

魚料理の工夫

前回(コチラ参照)の続き。

毎夕食、必ず魚料理を食べます(お昼も、お弁当の時に必ず食べます)。なので、週に一度の買い出しとストックで飽きが来ないように、、、味漬けて工夫します。大凡、ですが同じ料理は月に3回まで、、、です(お弁当に入れる焼き魚を除く)。

月に三回になるのは、シシャモ。シシャモのパックは、意外と大きくて、3回分です。これを一か月で食べます。元々干物ですから、日持ちは心配ないとはいうものの、いつも3回分に分けて食べています。

鯖のフィーレは、出番だけでいえばもっと多い。先回も書きましたが、、、復習代わりに(笑)。

  • そのまま塩焼き(オーブントースターで焼くことが多い)
  • ニンニクオイルでソテーして、カレー粉を掛ける
  • 身をほぐしてフレーク状にして、ペペロンチーノ風野菜炒めに使う(アンチョビーみたいな使い方)

これらが基本ですが、先日はトマトと軽く煮込んでシチュー風にしたり、大根・ジャガイモと一緒に味噌煮にしてみたり、その味噌煮のあまりを少し煮込んで、チーズをのせてオーブンで焼けば、鯖の味噌グラタンになります。ここ、重要で、、、どんな料理でも「チーズをのせてオーブンで焼いてみる」というのは工夫のキッカケになります。そうそう、カレー粉を掛けてみる、というも味変の工夫です、お忘れなく。

続いてマグロ。刺身は鰤が好きな無風凧なので、マグロの柵を買うことはあまりありません。マグロのアラ(血合や中落など)は、栄養価が高いこともあって、時々食卓に上ります。これも工夫のしがいがあります。

  • サイコロ状に切って、ニンニクと葱で炒める(葱マ炒め)
  • 大根や、ニンジン、ジャガイモと一緒に煮魚にする(定番中の定番)
  • みりん醤油に一晩漬けて、ソテーする(照り焼きとは一風違います)

マグロは、少し大量に調理して、副菜や箸休め的な使い方をすることも。

鮭の切り身、特にハラス部分は無風凧の大好物。普通に塩焼き、が最も手抜きが出来て楽なのですが、バターでムニエルにするのも月に一度と言わず食べたくなります。甘塩鮭を買った場合は、焼くときにマヨネーズを薄く塗ってオーブンで焼くと、ちょっと風味が変わりますし、この上にイタリアンバジルをふると、いきなり「ご馳走」な感じがしてきます。30秒の手間で、まったく違う料理に見えます!

前回の記事も含めると、もう20種類くらいの味が紹介されています。鯛鍋、お刺身、煮魚、、、時々は赤魚の西京焼きやホッケの開きや丸干し、、、(ちょっと塩分多めがきになりますが)、、、、とすれば、あっという間に毎日違う料理を楽しむことができます。しかも! つくてみたら判りますが、すべて手抜き系です。20分以上かかるようなものは皆無!

お手軽に安く、そして色々な味を楽しむ。無風凧亭でディナーを食べたくなってきませんか?

| | コメント (0)

日本にもまだ親戚が居たのかなあ、、、

20170817 フランスに住むカワウソ君:
日本のナガサキというところで、僕の親戚の映像が撮影されたらしい。まだ日本にも親戚がいたのかあ、、、、是非「獺祭」で旧交を温めたいものだが、、、、

Cc 写真出典 GATAG フリー写真・素材2.0 撮影Tambako the Jaguar様
今日のニュースによると、長崎県の五島でカワウソが発見されたのだそうです。と言っても、まだ今は映像に録られたことと、フンが見つかっただけですけど。
日本では数年前に絶滅宣言がなされています、、、ちょうどそのころから、日本酒の「獺祭」も有名になり、今では随分と高価なお酒になったようで、、、

| | コメント (0)

夏休み

今日は、久しぶりに神田明神参りをしました。

神田明神と言えば神馬のあかりちゃん?このブログにも何度か登場しています。

普段は、入ってすぐ左に柵が有り、その中に居るのですが、今日は、その柵も無い。あかりちゃんに何か有ったのかな?と心配になり、巫女さんにきいたところ、

あかりちゃんは、夏休みで千葉に行っています。

とのこと。あかりちゃんも夏休みがあるんだ、と、妙に楽しくなりました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

チキンレースと限定合理性

北朝鮮と米国の「挑発合戦」が、いよいよホットになっています。北朝鮮は、Guamに向かってミサイルを発射する計画を発表し、米国は、それに対する報復を強くアピールしています。

あたかも、チキンレースの様相を呈してきました。お互いの挙げた拳を下ろすタイミング、がチキンレース、ということです。(この続きを読む前に、コチラ を先に読んでください。)

チキンレース、であるためには、ブレーキを踏む人、つまりこの場合は金正恩氏とトランプ氏ですが、が自分で環境を正しく理解できていることが前提になります。しかし、、、無風凧の得ている情報から見て、環境すべてを正しく理解することは難しい。つまり、政治家の限定合理性がどこかに介在します。分かりやすく言えば、「北朝鮮の方がアメリカよりも軍事力で優っている」という状態が正である、と金氏が把握したとすれば、この時点で、恐らく「双方の状況認識」にズレが生じていますから、チキンレースが成立しません。

加えて。

その場合(北朝鮮がアメリカよりも軍事力で優っている、と金氏が理解しているという状態)には、金氏が「トップを守る」というランキング人仮説(ランキング人仮説については、カテゴリー「ランキングについて考える」を読んでください)に基づいて「二位叩き」に奔走する可能性が出てきます。

ここまで読めば、無風凧が言わんとしていることがお分かりになるでしょうか。

今の「挑発合戦」を止めるのに一番必要なことは、報復措置や経済制裁ではありません。両陣営に「軍事力の実情」を正しく理解させることです。ゲーム理論的にいえば、完全情報ゲームにしてしまうこと。この方法は、「一番確実かつリスク少なく」戦争危機から脱却することができます。

かつて、、、、War Game(軍事演習、という意味ですね)という映画がありました。この映画は、コンピュータの暴走で核戦争の危機に陥りますが、コンピュータに「3ならべ」をさせることにより、完全情報ゲームなら引き分けになることを学習させ、戦争を回避します。

同様に、今の両国には、情報(ここでは軍事力)を正しく両陣営が把握することで、戦争回避できます。その為の手段は、、、CNNでアメリカの軍事力の誇示をすればよいだけだと思いますよ、トランプさん。

| | コメント (0)

Service Must Go On

先日の話。

無風凧が切手を買いに行った郵便局での話。その日、郵便局内のコンピュータ・ネットワークの調子が悪かったのだそうで、切手一枚売ることが出来ない、とのことでした。

説明を聞くと、「コンピュータが止まったら、売上伝票が作れないから」、とのこと。つまり、売り上げ時のPOS情報をネットワークで管理するから、ネットワークが止まれば、販売できない、という主張です。もっとも、その説明もその場しのぎの言い訳のようで、本音は「コンピュータが止まったからどうしたらよいか分からない」というのが実態の様でした(あくまで私見です)。

郵便局ですから、切手も葉書もある。なのに、お客様に対してのサービスが出来ない、、、なぜなのか、無風凧としては不思議です。というのも、ほんの30年前までは、全て手書きで処理していたものです。売上伝票を作り、手書きで領収書を出せば、そして、ネットワークが正常になった際に改めて入力すれば、なにも問題なくお客様へのサービスは提供できます(ちなみに、郵便局には手書き用の領収書も準備がありますから、すべての道具はそろっています)。

なぜ、「コンピュータ(およびネットワーク)」にそれだけ依存しているのでしょうか?もし、依存するのであれば、「万一止まった場合に如何にサービスを続けるか」の方策をたてていないのか。

無風凧としては、まったく理解できない郵便局の施策と対応で、いまだに理解に苦しみます。Service Must Go On。サービスは止めてはならい、とおもいませんか?野田総務大臣、ご説明をお願いします。

と、ここまで書いて、気が付きました。郵政株式会社のCEOは、東芝を潰した西室泰三氏ですね、、、さもありなん。

| | コメント (0)

はなちゃん先生、元気かなあ

20170813 まめしばくん:
一昨日ははなちゃん先生のトレーニング日だったのに、来なかったよなぁ。。。はなちゃん先生、お元気かなあ?

写真出典 CC 表示-継承 3.0, Wikipedia
はなちゃん先生も 夏休み、ですね。楽しみにしていた方、ごめんなさい!
# はなちゃん先生は、無風凧のダイエットインストラクター。毎月10日と25日にこのブログに登場しています。過去の活躍振りは「健康・メタボ」をご覧ください。

| | コメント (0)

調味料

調味料、って何を指していますか?

昔から、日本食の調味料は、「さしすせそ」などいいますが、「砂糖、塩、酢、醤油、味噌」が基本。でも、ソースやケチャップもいまは、忘れられない調味料だと思います。
それらに加え、実際は、ポン酢や、白だし、などもいまは基本調味料だと言って良いように思います。 無風凧は、めんつゆも加えてほしいな、とおもいますが、、、豆板醤や塩麹も忘れられない?マヨネーズはどうなんだろう。。。
このように考えると、どこからどこまでが調味料なのか、分からなくなってきます。
とは言え、日本食の基本調味料は、やはり「さしすせそ」でしょう。それ以外の調味料は、さしすせそと食材の組み合わせで作ることができます。 便利に使うのは仕方がありませんが、やはり基本に立ち返って「さしすせそ」で料理できるようにしておきたいと常々思っています。

| | コメント (0)

«居酒屋フライドポテト問題