情報保護に関する法律の大転換が必要

神奈川県のサーバー用HDDが流出した事件。とてつもない大事件になってきました。なんと、当該従業員は、このブログを書いている時点で3904個の記憶媒体を転売していることを白状しています(こちら 参照。)

ちなみに。神奈川県庁で使っていたのと同じ1.5Tのハードディスクが3900個あったとすると。

今の地球上の人口の約1万倍の人(100兆人)の個人情報が漏洩したことになります。、、、怖すぎます。

でも、もっと怖いことは。「この情報漏洩は、個人では防ぐ手段が無い」ということです。納税情報を、税務署がどのように管理しているのか、その方法を指定することはできませんからね。同様に、どのように「個人が保護に努力しても」意味がない、、、ということです。そして、この情報をもとに、「個人が損害を受けた」場合でも、、、補償される保証は全くありません。少なくとも、恐怖に怯える日々を過ごすことに対して、1円の損害賠償も為されないでしょう。こんな怖いこと、ありません。

「便利になること」はすなわちこのような「危険との裏腹」であることは、いうまでもないこと。でれあれば、、、少し飛躍しますが、「少なくとも」情報保護に関する法律を変えることが必要です。例えば、罰則規定としてパソコンの情報流出は、「流出した時点で無限大の補償を行う」です。よく、「流出の範囲が分からない(流出した情報を完全には把握していない)」という趣旨の発言がありますが、その場合は、例えば先日の神奈川県の流出事件の場合は、神奈川県民に初動で100万円づつくらい、慰謝料を払うことにすれば良いわけです。

みなさま、いかがでしょうか?

蛇足:無風凧の会社は、個人情報を扱うPCは、Internetに接続していません。ですから、ネット経由での流出は絶対にありません。暗号化とパスワードで二重に保護しています。HDDは、過去に一回しかありませんが、物理破壊をしてから業者回収です。漏洩や、ウイルスが入る心配もない代わりに、とっても大変なことがあります。例えば、新しプリンターを買ったりするたびに、ドライバを入れるためだけに、PCシステムの一時組み替えが必要だということ。みなさん、今レベルで個人情報管理していますか?

 

 

| | コメント (0)

安倍さん、流石にヤバイでしょう。

「限定的かつ統一的に定義することは困難である」と閣議決定(コチラ参照)。

これは、安倍首相が「桜を見る会」に「反社会的勢力」の人を招待したという、野党からの追求に対して、閣議決定したものです。真意は「反社会的勢力を定義することが困難であるから、当該人物を反社会的勢力の人であるという言うことは出来ない」と言うことです。

物事・言葉を定義する際に、「程度」が問題になることは良くあります。例えば幼子(おさなご)。明確に何歳から何歳、と言うことは難しい。同様に太った人、なども同様です。

しかし。

例えば、メタボ健診の場合には、「BMIでいくつ以上を太った人と定義する」などと言う「定量性を導入する」ことで、言葉をより正確に定義して行きます。

内閣の作る「施行規則」なども、このように「言葉を定義して行く」ことで実行性が出てきます。このように、「定義して行く」ことが、ある意味では行政府の仕事、いや、三権のすべての仕事は、不明なものを矛盾なく定義して、その中に全ての事象を落とし込み、施行して行くことです。

ですから、「ジャパンライフの社長(上述の反社会的勢力の人)」が、「線引きの中か外か」を決めることが、安倍さんのしなくてはならない最も重要な仕事です。それを、、、保身のために放棄した、と言うのが上記の閣議決定です。

言い換えれば、首相としての仕事を放棄することを自ら決定(発言)したわけです。

他のいろいろな発言の中で、この閣議決定がいかに重たいものであるか、おわかり頂けると思います。

安倍さん、これは流石にヤバイでしょう、、、、

| | コメント (0)

遅くなったんじゃないかチら。

20191211b はなちゃん先生:
 無風凧さん、まだあんな所走ってる。一日も遅れじゃない!! 脚が遅くなったんじゃないかチら。

 写真出典 特命希望樣ご投稿
この記事、本当は昨日Upされる予定でした、、、はなちゃん先生ファンのみなさま、一日遅れて申し訳ありません。でも、下からアングルのはなちゃん先生、美人ですね、、、、
最近、無風凧は走るのが遅くなったようです。昔話ですが、中学生の頃、100mは12秒台、400mは54秒切ってました。。。むちゃくちゃ速いわけではないですが、遅くはないでしょ?でも、一年生の時の同じクラスに100mを11秒台で走るのがいて、一度も勝てませんでした。

 

| | コメント (0)

攻め八(詰将棋)

20191210 スマホ詰パラで、無風凧の19作目が採用されました。パチパチ。No.13994「絶望」と言う作品です。コメント蘭で「解説がわからない」とご意見をいただきましたので、少し詳しく書きたいと思います。

いきなりですが、右の盤面を見てください。これは、詰将棋ではなくて、無風凧の「基本設計図(構想図)」です。

この設計図から、攻め方の玉が1筋(右端)から8筋まで動く、ことを目指しています。これが、攻め方玉が八列動く、すなわち、「攻め八」です。

飛香襖では、どんなに頑張っても7列移動が限度だ、と言うことも、おわかりいただけると思います。なので、八列目に動かすために、角との連携が必要になってきます。その連携を試したのがスマパラNos.13994の「絶望」です。

もう少し書けば、角の位置、飛車や香の位置は、右図以外にも色々Variationがあります。それらを少しづつ試しています。

さらに書けば、角二枚を用いた玉鋸による攻め八の基本設計図もありますが、ここでは割愛します。

もう3ヶ月くらい、攻め八にはまっています。

| | コメント (0)

脱オブジェクト化主義

神奈川で、県の行政文書漏洩事件が起きました。今回は、これをネタに現代社会の問題点を指摘します。

この事件の概要は。

・県庁(A)が使っていたPCのHDDが、完全な消去されないまま、オークションで売られた、という事件。

・HDDは富士通(B)からのリースで、県庁は一般的な消去の後に、富士通に返した。

・富士通は、このHDDの完全消去を、ブロードリンク社(C)に依頼した。

・ブロードリンクの消去担当者(D)が勝手にネットオークションに出した。

悪意の人(E)が、漏洩した情報を悪用して、ある企業(X社)が、100億円の被害を受けたとしましょう。主な「責任(賠償をする人)」は、(A)(B)(C)(D)(E)の五者です。

それぞれに、責任がありますが、それぞれに、100%の賠償はしない(できない)でしょうし、責任逃れもするでしょう。

(A)は、簡易であっても消去をした上で、リース元の富士通(B)に返したのだから、責任はない、と主張するでしょう。しかし、神奈川県民(世論)は、「県庁がしっかり消去すべき」というでしょうから、道義的にも責任0とは言えない。

(B)(C)は、業務管理が甘かったということで、使用者管理義務違反が問われます。しかし、HDDを持ち出す、ということは犯罪ですから、ブロードリンク(C)の善管注意義務の範囲を超えて、賠償責任を問うことは難しくなります。

(D)は、もちろん犯罪を犯しています。しかし、「消去したHDD」を「業務上横領」した以上の責任を問うことは、現行法上は難しいと考えられます。

(E)は最も重い犯人です。ですが、100億の損害全てが(E)の懐に入った訳ではなく、支払い能力と言う意味では、おそらく全く足りない。

このように考えると、、、X社は、結果として泣き寝入りするしかない、、、と言うのが見えてきます。

X社が泣き寝入りしなくてはならなくなるのは、なぜか?それは、犯人がいるから、と言うのは正論ではありますが、それ以上に、現代社会は全ての業務が「オブジェクト化」されているから、と言うことができます。Aの県庁。HDDを物理的に破壊していれば、問題は起きませんでした。そもそも全てのHDD破砕は、使用者が責任を持って行っていれば、、、もしくは、リース元の富士通Bが、自社で責任を持って破砕していれば、Cのブロードリンク社は存在しないのですから、元から賠償責任など起きようもありません。よしんば、ここだけは、「オブジェクト化」したとして。C社の社長が「従業員」と言うオブジェクト化をする場合には、全て社長が責任を取る、と言うルールがあれば、X社は、ブロードリンクから賠償を受ければ良い。、、、

このように考えると、現代ビジネスの「オブジェクト化」は、弱者をより弱者にする仕組みであることがわかります。そんなことを考えていまら、無風凧は、ビジネスの「脱オブジェクト化主義」を主張しています。

| | コメント (0)

Sibeliusを言い訳に

今日は、シベリウスの誕生日。生きていたら、満154歳です。

最近は、邦楽付いている無風凧ですが、今日だけはシベリウスファンに戻ってAndante Festivoを聴きました、、、そして、ふと思ったのですが。

シベリウス自身は、国民楽派に分類される音楽。いわゆる西洋クラシック音楽の流れを汲みながらも自国の音楽を追求した音楽かということになります。フィンランドの叙事詩カレワラを題材にした音楽は、動機・素材としてフィンランドのものを用いてます。きっと、和声やメロディー、リズムにもフィンランドに特徴的な音楽が内包されていると思うのですが、日本人である無風凧には残念ながら「この音楽のどこがフィンランドなのか」と問われてもなかなか明瞭に答えることができません。

それに対して、雅楽や民謡などは、聴いた瞬間に「日本の音楽だ」ということがわかります。調子や楽器の音でなく、わかります。その意味では無風凧は「日本人なんだなあ、、、」と、最近強く感じています。

さてさて改めてSibeliusの話。シベリウスは、人生の後ろ30年間、作品をほとんど残していません。自省癖でなかなか作品を発表できなかったのだ、と言われています。実際に、交響曲8番は一度完成したにも関わらず、1945年に自身の手によって焼却された、とシベリウスの妻アイノは語っています、、、

大シベリウスほどではないのですが、無風凧も最近、論文を書いても教科書を書いても、見返すたびに修正したくなり、なかなか脱稿しません。無意識のうちに、シベリウスの自省癖が憑ったのでしょうか、、、

そんなことを考えながら、予定通りに進まない仕事の言い訳としています。

| | コメント (0)

飛び級を見て、改めて平等とは何かを考える

オランダのホーフェン大学で、9才の大学卒業生が誕生しそうです。IQは145とのことで、これはさほど高い値ではありませんが、IQテストの日は不調だったのでしょう。(測定の仕方にもよりますが、概算で14才相当)。

学問に適性があり、やる気がある子供が、回りの平均的な子供と同じ学習をするのは、結構苦痛です。暇すぎて眠くなると言うこともあるに違いありません。(判らなくて眠くなるのと、見分けは付かない)

そういう意味では、義務教育や教育指導要領自体、出来る子にとって「不平等」です、、、変な意味でのアカハラ受けているのと同様です。

先日、資格継続のための試験制度を導入する提案をしましたが、受験年齢自体も考え直す必要があるように思います。その方が平等だと思います。

| | コメント (0)

○○Payの根拠となる法律

流行語大賞が発表になりました。今年を象徴するラグビーの「ワンチーム」、、、予想通り、と思った方は多いのではないでしょうか?

無風凧は、○○Payに注目していました、、、、受賞は、PayPay株式会社ですが、なんとかPayというのが濫立しています。何がなにやらよく分からない。一昔前の電子マネーブームに輪をかけて、「わけのわからない状態」になっているように感じます(電子マネーとなんとかPayは全く意味が違いますね)。

少し不思議なのが、法体系です。無風凧は、15年ほど前に、今の「○○Pay」と同じ仕組みを特許化しようとしたことがあります。その頃は「ポイントマネー」というペットネームをつけていました。この時は、特許担当から「貨幣代替は法律が許さないから、特許は無効になる」と説明を受けて、出願を断念しました、、、どう見ても、今のPayPayをはじめとするCashless Monayは、無風凧のポイントマネーと同じ仕組みなんですけど、、、何か法律が変わったのでしょうか?それとも、当時から合法だったのでしょうか?

すごく大きな特許を一つ、損した気分の無風凧です(こういうのを「負け犬の遠吠え」と言います。)。

 

| | コメント (0)

«AIとヘイト