庭に水(電力逼迫問題)

梅雨が明けたと思ったら、ここ数日、うだるような暑さです。テレビでも、熱中症対策が連呼されています。そして、熱中症対策を行う際に必ず問題になるのが電力逼迫問題。簡単に言えば、エアコンなどで消費する電力が、供給電力上回る可能性があるということです。

供給量を上回ったらどういう問題が起きるか、、、第0近似では、全部停電してしまう、が答えでしょう。もっとも、電力供給網の研究も進んでいますから、停電の地域はごく限られるだろう、とは思いますが。

しかしそもそも、本当に必要な電力が消費されているのでしょうか。今回問題提起するのは、28度を守りましょうというキャンペーンです。本来は、エアコンの設定温度は28度にしましょう、電力の使いすぎに注意しましょう、という意味のものでした。しかし最近は、熱中症にならないようにするために、外気温が28度を超えると、即エアコンをつけよう、と連呼しているニュースキャスターを見かけます。本末転倒の結果を導くこと間違いありません。

「庭に水、新し畳、伊予すだれ、透綾〔すきや〕ちぢみに、色白の髱〔たぼ〕」

という蜀山人の狂歌がありますが、これなんて、言葉を聞いただけで涼しさを感じます。怪談話も良いでしょう。そう。電力を使わなくても涼は取れる。こんなことを書くと「気持ち的に涼しくなっても、体に対するダメージは変わらない」と主張する輩も沢山いることでしょう。しかし、28度は「安全を見越した(安全係数を入れた)」目標値です。それ以上の部分は、個人の状況(体力)やその時の状況ではもっと高い温度でもよいという判断ができること、そして、少なくとも昭和の夏は30度超えでも扇風機などで過ごせていたことに鑑みれば、一律に28度にしなくてはならない、というものではないことに気が付きます。

電力逼迫の問題は、実際は家庭内だけではないのですが、チリも積もれば山となる。皆さん、それぞれの涼しさを求めるという対策を考えてみませんか?

 

| | コメント (0)

尼崎USB事故

尼崎で、市民の個人情報が入ったUSBメモリーが紛失した事故。最終的に見つかりましたが、なかなか収束しません(コチラ など参照)。

今日は、この事故を事例に「業務委託」のねじれについて私論を展開します。

この事故は、尼崎市が作業を委託した企業の USB 紛失事故です。紛失自身は、ナチュラルリスク(以下NR)を考えると、どんなに厳密に管理したところで防ぎようがありません。(もっとも、今の時代、USB の持ち歩きが良いかどうかについては異論がありますが。とはいえ、セキュリティに守られたクラウド上に置いたとしても、NR がなくなっているわけではありません。)

問題は、USB の紛失責任がどこにあるのかということです。というのも、尼崎市から受託した企業は、再委託をしていたからです。再委託を受けた企業を尼崎市に報告していなかった、という点も問題視されています。この場合、紛失責任はどこにあるのでしょうか。

尼崎市にとってみれば、委託した先の企業の紛失だから、第一義としては一次請けの企業が責任を果たすべきと考えるでしょう。一次請けの企業はもしかすると二次受けに責任を転嫁するかもしれません。とする二次受けの企業は、雇っていた契約社員に全部の責任を押し付けるでしょう。

このように考えると、最終的には過ちを犯した人に全部の責任が負わされることになります。(余談ですが、これって、刑法における実行犯主義と全く同じ構造になっていますね。)現実的に考えれば、末端に行けば行くほど、金銭的な補償能力は低くなります。結局、何の補償も行われないという結末を迎えてもおかしくありません。

少し話は飛びますが、大臣が不祥事を起こしたさい、総理に任命責任を問う、ということがあります。個人的な行動や、不注意な発言ですら総理大臣の進退に関わります。

知床の遊覧船事件。これに対して国の責任を問う声も大きいですが、結果としてどうなるでしょうか。認可を与えた時点で、色々な決まりがが遵守されているかどうかの検査は、どこの責任で行うのか、が論点です。(個人的には国の責任だろうと思っていますが)

これは、USB メモリの責任問題と全く逆の思考ですね。

元に戻ってUSB の話。本来、業務委託をせずに尼崎市の内部で業務が完結するのが原則である、ということに異論がある人は少ないでしょう。最も、経営に長けている人にしてみれば「人的時間的能力とコストの関係」から、業務委託に賛成する人もいるかもしれませんが、原則論としては内部完結というのが原則です。

その視点に立ってみると、業務委託をするという判断をした時点で、責任は尼崎市にあった、と考えることができます。少なくとも、自分達は知らなかったと被害者面するのはお門違いだと無風凧は考えます。

法人や組織は、一人の人だなしえないことを集団で行うためにあるものです。成し得ることと大きくなる反面、様々なリスクが生じます。そのリスクは、その法人や組織が負う、というのが正しい姿だと、無風凧は主張します。

 

| | コメント (0)

COVID-19: 下げ止まってきたかな?

ひさしぶりに、COVID-19の統計データ記事です。データは、インプレスのカレンダーをご参照下さい(コチラ 参照)。

新規感染者数に関して、それが果たして意味があるのか、という議論はありますが、一周回って一つの指標として新規感染者数扱うことは意味があると考えています。

さて。インプレスのカレンダーを見て気がついたことをいくつか。

まず、約1ヶ月間、新規感染者数自身は大きな変化を示していません。いわゆるプラトーの状態です。完全に撲滅方向に働いているのであれば、少しずつでも減っていくことが観測されると思うのですが(包絡線としては減っていくということです)、1ヶ月近くも変わらないというのは下げ止まったと判断した方が良いように感じます。

次に、表示期間を2020年1月からに設定してみてください。以前言われていた4ヶ月周期というものは存在していないことが分かります。これは、昨年8月オリンピック直後に急減した理由はやはり不明ということになります。感染者数や患者数が減ったことは望ましいことでしたか、理由がわからないというのはまたいつ感染拡大するか分からないということの裏返しなので、科学者としては慎重な態度が必要です。

最近、顕著に新しい株が見つかったという話はありません。そういう意味では、弱毒化が進んだというのは正しい判断なのだろうと考えます。

とはいえ。今は夏場です。ペシミスティックなことを申し上げるつもりはありませんが。現在プラトーになって感染者が残っていることは、次に寒くなり始めたとき、次の10月11月あたりの感染拡大に向けて、危険が残っていると考えて問題ないでしょう。

ゼロコロナが可能であるか否か、もしくはそれが好ましいかどうかはここでは論じませんが、もし、感染の爆発的な増加(昨年の8月のような)を避けたいのであれば、今しばらく、我慢の時過ごさざるを得ないと、数理科学的に考えます。

 

| | コメント (0)

論破王の「日本人の平均給与を上げる方法」

論破王の「日本人の平均給与を上げる方法」が盛り上がっているようです(コチラ など参照)。

内容を転記すると下記のようです。

《低給外国人労働者のビザ停止。
 日本国民全員に最低限の生活費支給。
 配偶者控除の拡充。
 年金受給者の労働には年金支給額引き下げ。
 高等教育無償化。

 生活の為に無理して働く人が減ると、働き手を確保する為に昇給が起きます。
 また、自動化が進み生産性も上昇》 以下略。 

論破王を論破するつもりはありませんが、聊か、日本の実情に合っていないように思います。

もっとも大きな誤解。というか前提の違いと言った方が良いかもしれませんが、、、日本人のほとんどが「上昇志向」「努力」をすることが前提だということです。まあ、生活のためには仕事しろ、少しでも良い生活をしたい、とか「地域のために貢献したい」という気持ちがあることが博之案の根底にあります。

しかし。実際は、どうでしょうか? 生活できるだけの最低限の給料をもらえれば、あとはきままに生きたいと若者が多い中、最低限の生活費を貰ったら、しごとをしなくなる人が増えるというほうが、的を射ていると考えます。さらには、労働人口が減れば、供給力が弱体化しますから、外国人労働者の存在は今まで以上に顕著になります。それが無ければ、モノが不足し、物価向上。だからと言って、機械化やAI化がそれを代替できるというレベルには今はまだなっていません。結果として、「上級国民のみ」が健康で文化的な最低限度の生活ができるようになる、と予想します。

更には、高等教育を無償化すると、平均が下がることは火を見るよりも明らか。ひいては、やる気のある学生の「やる気」をそぐことになり、結果として国力の低下、国際競争力の低下を招きます。

ということで。

論破王を論破するなどというだいそれたことはできませんが、将棋でいう三手の読み、をしてみました。

 

| | コメント (0)

あららら、、、

20190610 はなちゃん先生:まるたろうさんから聞いたのだけど(コチラ 参照)、無風凧さん本当にお疲れのようね。今日はトレーニング無し! 美味しいペペロンチーノ食べて、早く元気になってくださいね。

写真出典 2019年6月のはなちゃん先生
はなちゃん先生のアップ写真! お宝物ですね。

| | コメント (0)

ナルコレプシー?

昨夜。食後でも無い仕事中に急に睡魔が襲ってきました。

「あ、やばいかも」と思って、布団に潜り込む、、、PCの電源を落とす時間もないほど、瞬間で落ちてしまいました。

3時間後には起きて仕事を再開してのですが、、、これって、ナルコレプシーでしょうか?

 

| | コメント (0)

休め!

20210310 まるたろう: 無風凧さん、休め!

写真出典 自前のM5
まるたろうにも心配かけてしまいました、、、ここのところ、疲れが取れなくてほとんど何も結果が出せない状態です。少し休もうとしているのですが、気持ちの上で休めていない。こんな状態は久しぶりです。

| | コメント (0)

COVID-19:大阪で何がおきていたのか?

20220622 ImpressのCOVID-19情報サイトから(コチラ 参照)。右図は、今年になってからの大阪府の新規感染者数を表したものです。

これを見て。無風凧は「大阪で何が起きていたのだろう?」と不思議な気持ちになります。

それは、真ん中あたりに平坦な部分(Plato)があるからです。

一般的なSEIRモデルに従うとすると、Platoはなかなか出にくい。というか、複数の原因の足し合わせでしかPlatoは出てきません。

では、どういう原因があったのか、、、無風凧の頭の中はぐるぐる悩んでいます。

| | コメント (0)

«国の在り方を決める最も基本的な課題