京急将棋祭り

今年で21回目になる京急将棋祭り。無風凧は、初めて伺いました。

昨夜は、遠足前の小学生のようにとても楽しみにしていたのですが、、、1時間もせずに疲れてしまい、早々に退散しました。と言うのも、座る場所がない。公開対局用の座席は空席が目立つのに、荷物を置いてあったり、小学生席と書いてあったりで、無風凧が座ることは出来ない、、、そんな不満もあり、楽しめなかった。

詰将棋は、と言うと。懸賞詰将棋が大きく張り出されていて、ちょっと難し目。と言っても!スマパラのレベルでいうなら7か8位かな。来場者に配っていた団扇にも両面詰将棋。これは、、、共に瞬殺でしたから、レベル1~5。それらとは別に、詰将棋が載っているフライヤーが配られていました。

どの問題、と言うわけではないですが、既視感があるものがあり、ちょっと残念、、、とは言え、3手詰5手詰は、既に出尽くしていて、新作つくるのは、難しいのかもしれません。

| | コメント (0)

美談かもしれませんが。

わざわざ目くじら立てるほどのことではないのかもしれません。また、著者の意図と違う視座からの意見であることは、承知の上で、やはり、この記事を週刊誌に載せるのは、いかがなものか、、、と思ったので、遅ればせながら記事にします。

出典は こちら。 ヴァイオリニスト黒沼ゆり子さんが、美智子上皇妃のエピソードとして、週刊女性PRIMEに寄稿したものです。

記事は、

「美智子妃がピアノを弾く際に使う楽譜は、コピー(複写)のものである。これは国民からの税金の無駄使いをしない、倹約の意思表示である。」

というもの。税金の無駄遣いをしない、倹約をする、ことは良いことだと思いますが、、、楽譜のコピーは、如何なものでしょうか?

著作権のある楽曲の楽譜であれば、もちろん「著作権法違反」をしていることになりますし、よしんば、作曲者の著作権が切れているものであったも、その楽譜を出版している会社にとっては、収入を得る機会を削られている、、、ことになります。例えば、ベートーベンの交響曲9番「合唱」は、すでにベートーベンの死後300年近く経っていますから、著作権は切れていますが、今でも楽譜は「商品」として売られています。合唱団で一冊だけ買って、それを人数分コピーして本番で使う、、、、というのは、ある意味では「企業の収入源を奪ってる」ことになります。

上記の記事を読むと、拡大解釈して「倹約するために美智子妃はコピー楽譜を使っている」と読めるわけです。であれば、合唱団で「団の活動費用を倹約するためにコピーする」ことを助長することになりますまいか。

そのような視座に立てば、黒沼女史の意図とは違った内容に読めるわけで、美談かもしれないエピソードですが、週刊誌に載せることは、避けるべきだった、と無風凧は考えます。

<追伸>
黒沼ゆり子さんの「引退演奏会」、、、と呼ばれているものを、数年前に聴きに行った記憶があります。確か、紀尾井ホールだったと思います。でも、その後も活発に演奏活動をされているようですね。

 

| | コメント (0)

厚揚げの和風ステーキ

久しぶりに、無風凧の料理講座。熱くて美味しい冷めても美味しい。ご飯に良しお酒に良しサンドイッチの中身にしても美味。しかも5分で作れる。それが厚揚げのステーキです。

用意するのは、

厚揚げ(絹)、砂糖、醤油、お酒か味醂、油少々。お水。

厚揚げを、1cm程度の厚さにスライス。

熱したフライパンに油をひいて、厚揚げを焼く。

砂糖、醤油、お酒、少しの水を厚揚げに掛けて、炒り付ける。

以上です。

| | コメント (0)

37.1度

昨夜から頭が痛い。

まあ引っ越し作業の疲れだろう、とたかを括っていたのですが、熱を測ると37.1度。普通の人なら微熱、、、と言うところでしょうか。

無風凧は、最近の平均体温が35.5度位だったので、37.1度は、随分と高熱に感じます。慌ててパブロン飲んで、いまは36.4度。これでも、平熱よりは1度高いですけど、、、

夏風邪は馬鹿がひく、とよく言いますが、当にそんな感じですね。

詰将棋の続きを書きたかったのですが、今日はおやすみなさい。

| | コメント (0)

飾り駒か否か

Screenshot_20190814_095526

この詰将棋、スマホ詰パラno.13411「だるま落とし」です。無風凧の創作開始一周年記念の作品で、左右対称による非限定着手が7回。対称形と非対称形をいったり来たりするのは、珍しいと思うのですが、、、

さて。スマパラのコメント欄への問い合わせで、一つ、無風凧も教えて欲しいことがあり、ブログで公開質問です。

この詰将棋、39香(若しくは79香)は、飾り駒か否か、と言う問題です。

この39香がない場合。

無くても詰ますことは出来ます。ただ、初手を初めとして非限定が複数回出てきます。例えば、初手は42角でも62角でも詰ますことが出来ますから、非限定。

39香が無ければ、当然左右対称ではありませんから、初手を初めとする非限定は「余詰」になると思うのです。

39香があれば、左右対称になりますから、ルールに則った非限定です。、、、だから、39香は必要な駒だと言えます、、、

でも。別の視点で考えれば「無くても詰ますことが出来る」場合、その駒は「飾り駒」となります。39香は「無くても詰ますことが出来る」ことには違い有りませんから、その意味では飾り駒。無くしてしまえば非対称になり、本作は不成立、、、となります。

柿木将棋や背尾詰は、39香は必要、と判断しているように思いますが、このようなケースを想定していない判断ルーチンかもしれないのです。

飾り駒か否か。どちらがルールに則った判断なのか、悩んでいます。どなたか、ご教授下さい。

| | コメント (4)

COCOSのかき氷

とある駅前。仕事後に「ちょっと喉を潤したい」と思ったのですが、カフェも喫茶店もない。仕方がないので、唯一見つけたcocosに入りました。

メニューを見ると、「かき氷」があるではないですか!

と言う訳で、宇治金時のミニサイズを注文。

待つこと10分(ちょっと長い)。出てきた宇治金時のレベルの高さに仰天。失礼ながら、cocosって、こんなに美味しいおみせだったっけ?と思いながら、一気に食べてしまいました。

ごちそうさまでした。

| | コメント (0)

対称な詰将棋。

Screenshot_20190812_144758

今日は!ブログで新作発表です。

この作品、35手詰。左右対称にこだわった作品で、ほぼ一本道です。

、、、

問題図も詰め上がりも左右対称(左右対称の立体曲詰)。途中、取った銀を打つのですが、銀を打つ局面もすべてを左右対称。

綺麗だな、と思ってくださる方が居れば嬉しいです。

、、、

昨日、スマホ詰めパラで、無風凧の15作目が採用されました。パチパチ。スマパラno.13411。上記は、その姉妹作です。13411についは、又は後日。

| | コメント (0)

草取り

無風凧の新居は一軒家。庭が在るわけではないのですが、軒下など、雑草が生えます。

なので、毎週日曜日の朝は草取りの時間。約一時間かけて、コンビニ袋いっぱいになるくらいの草を取ります。

昔、、、実家での草取りの時間は苦痛で仕方がなかった無風凧。今のところ三週続いている草取りですが果たして来週も続けることが出来るのか、、、今から不安です。

| | コメント (0)

«休息もトレーニングの内