今年のアンダンテフェスティーボ

12月8日は、シベリウスの誕生日。1865年生まれですから、生きていたら今では157歳です笑。

毎年、12月8日はアンダンテフェスティーボを聞く日、、、ですが。今年は、スコアを読む日にしました。

準備は耳栓。静かな部屋で耳栓すると、静かというより耳の感度が上がったような感じになります。

そこで、スコアを読み始める。弦楽四重奏のスコアではありますが、頭の中では金管四重奏(サクソルン四重奏)にしている。

1)コルネット2,テナーホン、ユーホニアム。

途中で気が付くのは、ユーホニアムでは下の音の安定性がない。なので、バストロの音を足してみる。

2)コルネット2,テナーホン、ユーホニアム、バストロ。

原曲のVn1と2を単純にコルネットに置き換えるのは安易だということが気になり始める。

2番コルネットはフリューゲルホーン持ち替えの方が印象が良い。

3)コルネット1,コルネット2(フリューゲル持ち替え)、テナーホン、ユーホニアム、バストロ。

テナーホンの伸びる音域とヴィオラの音域は同じはずなのに、テナーホンでは音が薄い感じがする。しかし、バリトンホーンにするとさすがに音域がすこし苦しい感じだ。ここはフレンチホルンの方が倍音が複雑になって良い感じがする。

4)コルネット1,コルネット2(フリューゲル持ち替え)、フレンチホルン、ユーホニアム、バストロ。

ここでもう一度気になるのは、バストロ。トロンボーンの音も悪くはないが、もっと深みのある音が欲しい。ここはE♭チューバ当てる方が全体を包み込む感じが出てくる。

5)コルネット1,コルネット2(フリューゲル持ち替え)、フレンチホルン、ユーホニアム、E♭チューバ。

これでもう一度頭で流してみる。最後のTimpaniは、欠かせない。なにせ、天国の門の開く音だから。

6)コルネット1,コルネット2(フリューゲル持ち替え)、フレンチホルン、ユーホニアム、E♭チューバ、Timpani.

Tubaが加わると、フリューゲルの音は少し邪魔。コルネットでよいと修正。

7)コルネット1,コルネット2、フレンチホルン、ユーホニアム、E♭チューバ、Timpani.

これで完璧だ。

157歳のシベリウスも、この編成のアンダンテフェスティーボを聴くと、大喜びではないだろうか。

12/9追記:
E♭テューバは①少し音が丸すぎる気がする、②フレンチホルンがF管である、の理由でFテューバに変更。

8)コルネット1,コルネット2、フレンチホルン、ユーホニアム、Fチューバ、Timpani.

随分、すっきりして、祝祭感がワンランクアップしました。

 

| | コメント (0)

内申書の高校間格差(ランキングについて考える)

こういう記事を見ました。

「新たな成績評価に「おかしい」と疑問の声…高校間の内申“格差”で大学受験が不公平になるという衝撃(コチラ 参照)。」

内容は、タイトルから想定される範囲で十分です。このタイトルから、ランキングについて考えてみます。

まずは、簡単。身長のランキングです。

10歳の5人と10歳の5人。この10人を身長順に並べてみるとどうなるでしょうか。おそらく高い方から5人が10歳で低い方から5人が5歳ということになるでしょう(もしかしたら一人くらい入れ替わるかもしれませんが)。上から8人えらぶということになると、ほぼ間違いなく5歳の下から2人が選ばれない。という結果になります。

では、10歳の5人を身長順にならべ、5歳の5人を身長順に並べる。そして、順位をみていくことにしましょう。10歳から一人、5歳から一人、選ばれないことになります。

この例で言いたいことは、「母集団の性質が変われば、どういつ評価は行われない」ということ。

内申書ベースの大学受験は、上述の「身長」の例と同じようなことが起きます。だからと言って、「母集団の性質」を考慮したとしても、その手法が問題になりますし、「母集団ランキング」で本当のランキングとの齟齬が生じることがあります。後者は「学歴フィルター」と呼ばれているものの一つの変形ですね。

公平な評価。絶対に実現できません。だから、試験をする方は、「最大多数が不公平感を感じにくい手法」を提供するしかないのです。無風凧のランキング理論を学習して、少しでも「不公平感を感じさせない」評価をしてほしいものです。

 

 

| | コメント (0)

適応障害

転職や転勤などで起きる適応障害。

殆どの場合、「移動してきた人」の「障害」として片付けられています。しかし、実際そうでしょうか?

無風凧のところに来た相談の一つ。周りに溶け込めなかったことは事実としてあるのでしょうが、周りの人たちがある意味で「その方を受け付けなかった」。だから、溶け込めなかったようなのです。

色々な出来事を聞いていていると、友人の方を持ちたくなるようなことが多くあって。適応障害は「もともといた方々」のように思えます。集団適応障害と一人の健常人。この場合、一人の健常人を「帝王障害」と診断してしまうことが、往々としてあるようです。

医学的には、「異常が出た健常人」が病人ということになるでしょう。でも、、、原因を作った集団の方が名の方に精神的な異常があり、健常者である無風凧の友人は「障害事件の被害者」だと言えそうなのです。

このように考えると。適応障害は「精神的な傷害事件」として扱わなくてはならないことになります。

適応障害という言い方も含めて、考え直す必要があるように思います。

| | コメント (0)

じゃがいもと牛蒡

今日のスープ。

手羽元、にんじん、牛蒡、ジャガイモ、しめじの コンソメスープ。(ニンニクも少々。味は塩コショウのみ)。

これまでの無風凧なら、ジャガイモではなく「蕪」を入れるところ。冷蔵庫にジャガイモが沢山あるので、挑戦してみました。

最初に具材を蒸し煮して、それから水とブイヨンを足す。普段通りに作りました。ジャガイモにしたからでしょうか。香りが少し泥臭い感じで嫌な予感。

でも。

スープ自体は、非常に濃厚で、蕪とは一味違ったスープになりました。ただ、牛蒡とジャガイモを合わせた触感はいまいちなので、今後、改良の余地があります。例えば、ジャガイモを微塵切りにするか、逆に牛蒡をスライスするか。

色々書きましたが、最終的には自画自賛で、美味しいスープでした。

| | コメント (0)

わんこびより

きょうは、お散歩中に色々なわんこに会いました。

しろしーば、あかしーば、シュナウザー、ボーダーコリー、ミニチュアダックス、マルチーズ、雑、雑、、、、

其々にかわいいわんこばかりですが、やはり、「嬉しそうに飛びついてくるわんこ」は、可愛さ百倍です。かわいい顔をしていていも、おすましさんは、、、ちょっと残念な気がします。声をかけて無視されると、落ち込みます。。。

とはいえ、大量のわんこに会えて、今日はちょっと嬉しい一日でした。

 

| | コメント (0)

詰将棋:面積最大の五角形

20221203_20221122115601 土曜日は詰将棋の日!

今日の詰将棋を予測できた方は、多かったのではないでしょうか? 3角形、四角形とくれば、次は五角形です。

五角形を形成するためには、一つの行もしくは列に三枚並べてはいけないので、意外とパターンが限られます。右図は、理論限界の最大面積を達成していますから、これを超える「五角形の面積」はありません。63.5です。

詰将棋と呼んでいいのか?というほど簡単ですね。しかも初手駒取り。

最近の詰将棋より:
もっとも正三角形に近い詰将棋は、コチラ
面積最大(?)の四角形は、コチラ

| | コメント (0)

どうした?羽生9段

昨日、B1級順位戦の9回戦が行われ、羽生9段が近藤7段に敗北。今季の成績を3勝五敗としました(コチラ など参照)。今季絶好調で王将戦の挑戦権も手に入れた羽生9段。どうした? 頑張れ!!

かつて、無風凧は「藤井ー羽生の順位戦は見ることができないかもしれない」という記事を書きました(コチラ 参照)。今年の2月、羽生さんがA級陥落したときは、一期でA級復活することは規定路線のように思っていましたが、今はB1級で下から4番目。A級復帰はおろかB1は3人降級しますから、首の皮一枚残っている、というところです。どうした?頑張れ!!

ところで。松本さんの記事(コチラ)での、今期B1級の星取表をみて、残念なことが一つ。下から4人=50歳以上の4人、になっています。さらに言うなら、下位6人は、年齢的には上から6人。奇しくも45歳以上が揃っています。そして、何れもかつてはA級で活躍した面々。AIの波が押し寄せる直前の世代、というところでしょうか。寂しさ一入です。

年明けから始まる王将戦は、そういう意味でも世代間勝負でしょう。頑張れ、羽生九段。

 

| | コメント (0)

えきねっと

JR東日本のオンラインサービス「えきねっと」。

新幹線予約をはじめとして、いまや出張には欠かせないサービスの一つです。

しかし。

このえきねっとの「決済システム」は、信じられないくらい脆弱です。

無風凧が持っているカード3種類、どれも使えなくなってしまいました。「システムエラー」で「時間をおいてお試しください」のメッセージが出るばかり。

今回はコンビニ決済という非常手段で対応しましたが、こんなことがいつまでも続くと、手間が馬鹿になりません。Viewカードにしたら解決するのでしょうか?

| | コメント (0)

«英語聞き流し(好きな音楽2022年11月)